もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

たいせつなきみ」 みんなの声

たいせつなきみ 作:マックス・ルケード
絵:セルジオ・マルティネス
訳:ホーバード 豊子
出版社:いのちのことば社フォレストブックス
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784264025979
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
「たいせつなきみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 考えさせられる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「たいせつなきみ」は、1997年に出版され全米で100万部を超え、七カ国語に翻訳されているベストセラー絵本。
    日本語に1998年に訳されており、今回のはAnniversary Edition.
    内容に変わりはなく、大きさが小さくなって一層大人向きになったという印象です。

    表紙を見ると、ピノキオを想像させますが全くの別物。
    舞台は、ウイミックスという木の小人達の村。
    小人達は、エリという丘のてっぺんに住む彫刻家に彫られたもの。
    そして、小人達は、お星さまシールとだめ印シールをくっつけあって暮らしているという設定なのですが、お星シールは文字通り良く出来ましたシールのこと。
    小学校の時の採点のような言葉です。

    主人公のパンチネロは、だめシールばかり貼られているのですが、シールを貼られていないルシアに出会い、エリに会うことにするのです。

    パンチネロが、エリと会ってからの会話は、珠玉のフレーズが沢山登場してきます。

    The more you trust my love,the less care about their stickers.
    おまえがわたしのあいをしんじたなら、シールなんてどうでもよくなるんだよ。
    というフレーズに全てのメッセージが集約されています。

    誰しも、人からどう思われているかは気になるもの。
    そう思われていると決めつけているのは、自分自身であること。
    人から愛されていると知ったならば、気にならなくなるということ。

    とても深く考えさせられる話で、自分自身を見直したいという気持ちになるととともに、子供達をもっと愛したいと思わせる絵本です。

    本来は大人向きと思いますが、小さい子供が読む物語としてもそれなりに楽しめる絵本だと思います。
    子供が理解するには時間がかかると思いますが、幅広い世代にわたって読んで欲しい名作です。

    シリーズ化されていて、4作まで訳されているようなので、続きも読んでみたいと思います。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心にしみる本

    先にだんなが読み「これは大人向けだなぁ」と一言。
    確かに深い内容で、その真意は年を重ねるごとにわかったりかみしめたりする本かもしれません。
    私は、この本は、読み手の親に向けて描かれたものではないかと推察しました。
    わが子を誰かと比べたりせず
    「あなたはあなただから大切だ」と言って
    どんな時でも抱きしめてやれるような親になりたいと強く思いました。
    そして、間違った育てられ方をして、なかなか自尊感情がもてない自分に
    「私のままでいいのだ」と感じさせてくれた・・・。
    手元において、長く読みたい、そんな本です。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふしぎな世界へ

    このお話はウイミックスというこびとのお話でした。このこびとを一人の職人が全部作ったらしいのですが、私はこの絵本を子供に読んでいて、この職人はどんな人なのかがとっても気になりました。なんかこの絵本の中では、こびとの創造主的な感じだと私的に思って、不思議なお話で面白かったです。

    掲載日:2013/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいせつなじぶん

    彫刻家のエリに作られた木彫りの人形社会。
    金ぴかのお星さまシールとだめじるしシールを貼り合うことがはやっています。
    それが当たり前になってくると、人の良いところ悪いところを探し合うようになる。
    主人公のペンチロネはそれに巻き込まれて、しかもだめじるしシールばかりつけらています。

    よく考えると、人間社会を解りやすく絵本にしていることに気づきます。
    これほど極端ではないにしろ、お星さまシールもだめじるしシールもまわりにいっぱいです。
    それがその人の評価になってしまうと思いこむと、自分でだめじるしシールの心に貼り付けてしまう。
    自分自身に自信が持てなくなる。

    ペンチロネはシールを一つもつけていないルシアに会いました。
    ルシアは自分は自分だと思っているから、お星さまシールもだめじるしシールも関係がない。
    ペンチロネは自分に気が付くのでした。
    そして、ルシアの勧めで自分達を作ってくれた彫刻家のエリを訪ねたペンチロネ。
    そこで、エリからあるがままを大切だと言われ心救われる。
    親の心ですね。

    この絵本は教科書だと思いました。
    低学年は楽しみ、高学年は考え、大人にとっては自分を見直すためにとても良い本だと思います。

    掲載日:2009/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット