アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれものの試し読みができます!
作・絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが、ある日見つけたふしぎな忘れ物。届けに行こうとはりきりますが……本当にひとりで大丈夫!?

morimoriさんの公開ページ

morimoriさんのプロフィール

ママ・30代・山口県

morimoriさんの声

1128件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う きゅうしょくとかくれんぼの授業  投稿日:2020/05/10
ライギョのきゅうしょく
ライギョのきゅうしょく 作: 阿部 夏丸
絵: 村上 康成

出版社: 講談社
ライギョの学級での授業は給食の授業ばかり。タナゴの学級での授業はかくれんぼばかり。ピンときた人は予想通りです。ライギョとタナゴの子はとても仲のよさそうな友達同士でしたが、学校での授業をとおして、実は食う食われるの関係であることを知って、とても驚き戸惑いました。大人になっていくにつれて乗り越えていかないといけない現実と直面し、どう向き合っていくかを考える2匹の様子が魅力的でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなで歩けばこわくないw  投稿日:2020/05/06
きょうはみんなでクマがりだ
きょうはみんなでクマがりだ 再話: マイケル・ローゼン
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 山口 文生

出版社: 評論社
みんなでくまがりに行こうと張り切って進むようすが、リズミカルで楽しそうな雰囲気を出していました。背の高い草が茂っていても、川があっても、強い風が吹いても、みんなで進めばへっちゃらだと思っていたのですが・・・本物のくまに出逢ったとたんに全員逃げ出してしまう様子に笑えました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あっというまに消えたw  投稿日:2020/05/05
だいくとおにろく
だいくとおにろく 再話: 松居 直
絵: 赤羽 末吉

出版社: 福音館書店
川の流れが激しいところに、橋を架けようとするのは大変だったと思います。鬼が数日で立派な橋を作ってしまったので、今までの橋は鬼がいじわるして流していたのでは?と勘繰ってしまいましたw大工が鬼の名前を言ったとたんに、ぽんっと鬼が消えてしまったので、親子で「あれぇ?w」と拍子抜けして笑えました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わらべうた  投稿日:2020/05/05
あがりめ さがりめ ―おかあさんと子どものあそびうた―
あがりめ さがりめ ―おかあさんと子どものあそびうた― 絵: ましま せつこ
出版社: こぐま社
昔懐かしいわらべうたがいろいろ載っていて、本を読みながら、親子で一緒に歌ったり、遊んだりして楽しみました。赤ちゃんの頃にやったわらべうた遊びを、6歳の我が子がまだ覚えていて、一緒にまた遊べるとは驚きでした^^
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 不思議な音  投稿日:2020/05/05
もけらもけら
もけらもけら 作: 山下 洋輔
絵: 元永 定正

出版社: 福音館書店
効果音のような、なんともいえないことばの音と挿絵が、不思議な雰囲気で表現されていました。6歳の子に読んであげると、「なにこれ?意味が分からない」と言っていましたが、3歳の子に読んであげると、どこにひっかかるのかはわかりませんでしたが、時々笑っていました。赤ちゃん向きなのかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 怖い!からハッピーエンドへ  投稿日:2020/05/05
やまなしもぎ
やまなしもぎ 絵: 太田 大八
再話: 平野 直

出版社: 福音館書店
切株に座っていたおばあさんに、親切にしてあげた3番目の子どもだけが無事にやまなしもぎをすることができ、親切にしてあげなかった兄2人は、川の主に丸呑みされるというお話でした。怖いお話なのかと思っていたら、3番目の子どものおかげで、最後はちゃんと兄2人も助かり、3人のお母さんも元気になったので良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知らなかった!  投稿日:2020/05/03
数え方のえほん
数え方のえほん 作: 野 紀子
出版社: あすなろ書房
いろいろなものの数え方や単位について、わかりやすくまとめてありました。大人でも十分に楽しめる内容でした。雲や台風にまで数え方があるとは驚きでした。普段使っている数え方についても改めて知ることができました。親子でいろいろな発見があって面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しいお庭づくり  投稿日:2020/05/03
庭をつくろう!
庭をつくろう! 著: ゲルダ・ミューラー
訳: ふしみ みさを

出版社: あすなろ書房
自分の好きな花や野菜を植えて、自分だけの庭を作るのってとても楽しそうです。いろいろな人に助けてもらったおかげで、すてきなお庭ができて良かったです。庭に遊びに来る野鳥たちについても知ることができて、自分の身近にはどんな野鳥がいるのか、知りたくなりました^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心が温まりました^^  投稿日:2020/05/02
NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス)
NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス) 作: 石浦 克
出版社: JVCネットワークス
どこかで見たことのある絵画でしたが、この絵の背景は絵本を読んで初めて知りました。亡くなったご主人様の声に耳を傾けるニッパーの様子は、ご主人様や家族との思い出、その時感じた気持ちがよみがえっていたのではないかと思います。動物と人とが心を通わせることができた証のようでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「さんぽ」が好きです^^  投稿日:2020/05/02
木いちごつみ
木いちごつみ 作: 岸田 衿子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
短い文章の詩集でした。特に我が子が気に入ったのは、「さんぽ」というタイトルの詩でした。月の明るい夜、きつねとたぬきがおさんぽをしている様子が、リズミカルな文章で書かれていて、声に出して何度も繰り返し読みたくなりました^^
参考になりました。 0人

1128件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

家族旅行じゅんび中のくまくん♪忘れものはないかな?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット