たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

morimoriさんの公開ページ

morimoriさんのプロフィール

ママ・30代・山口県

morimoriさんの声

1047件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 食べモノだけじゃない!  掲載日:2018/2/18
ふりかけヘリコプター
ふりかけヘリコプター 作・絵: 石崎 なおこ
出版社: 教育画劇
ふりかけヘリコプターの中身は食べ物だけじゃないという、ユニークな発想が面白かったです。ラストはキラキラの流れ星が空一面にふりかけられ、キラキラと輝いていました。じっくりと見入ってしまうくらい素敵なお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親切な泥棒^^  掲載日:2018/2/18
おさかなどろぼう
おさかなどろぼう 作・絵: いしい ひろし
出版社: PHP研究所
親切すぎるどろぼうのトラに思わず笑みがこぼれまました。クマさんが買っていったお魚を、おいしく食べるためならばと、いろいろな職業の人に変身していく様子は笑えました。クマさんも、何度トラが来ても気づかないのはお約束です^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ヤクミ!  掲載日:2018/2/18
レモンちゃん
レモンちゃん  作・絵: さとう めぐみ
出版社: PHP研究所
レモンは果物の仲間ですが、子どもたちの感覚では、レモンは甘くないから果物じゃないそうです。このお話の中でも、レモンちゃんは果物の仲間から外されてしまい、野菜の仲間からも外されてしまい、行きついたところはちょっと強面のヤクミの仲間でした。確かに、外食した時はお皿の端っこに添えてあって、ヤクミとしての出番が多いな〜と、リアルな感じがあります。ヤクミレンジャーもかっこよかったです^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う びっくり!  掲載日:2018/2/18
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ 作: 新井 洋行
出版社: KADOKAWA
「いっせいの」でページをめくったときに「ばあ!」と出てくる絵に迫力があります。我が家では、「いっせいの、ばあ!」を親子で一緒に読みながら楽しみました。怖がりな我が子ですが、絵がかわいらしいでので、おばけのページも大丈夫でした。次に何が出てくるのか、わくわくさせられる1冊でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う トゲトゲが守ってくれた  掲載日:2018/2/9
やもじろうとはりきち
やもじろうとはりきち 作: 降矢 なな
出版社: 佼成出版社
はりきちって目立たないけど、優しくてとってもいい子でした^^誰にでも得意、不得意なことがあるけど、自分の得意なことを他の誰かの為に生かせるって気持ちがいいし、素敵なことだな〜と、考えさせられるお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おやすみ前に  掲載日:2018/2/5
おつきさまのかぞえうた
おつきさまのかぞえうた 作・絵: 新井 洋行
出版社: えほんの杜
数絵本とおやすみ前の読み聞かせ本が合体したような作品でした。1から10までの数がかわいらしい詞といっしょに登場します。年少さんくらいの子にぴったりです。楽譜はついていないので、読み手が自由にリズムをつけたり歌ったりできました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 予想外!  掲載日:2018/2/2
たまごがあるよ
たまごがあるよ 作: 風木 一人
絵: たかしま てつを

出版社: KADOKAWA
白い卵からひよこが産まれるのはよくあるパターンですが、こちらのお話はそれだけにとどまらず、いろいろな色の卵が出てきて、パかッと割れるといろいろな色をしたひよこが出てきたり、巨大な卵から何が出てくるのかドキドキさせられたりと、驚きの展開を楽しめました^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分の価値  掲載日:2018/2/2
たいせつなきみ
たいせつなきみ 作: マックス・ルケード
絵: セルジオ・マルティネス
訳: ホーバード 豊子

出版社: いのちのことば社フォレストブックス
他人から星シールとダメシールをくっつけられるウィミックスたち。ダメシールをくっつけられるとほんとうに自分がダメな存在なのかと思ってしまう気持ち、なんだかわかる気がしました。でも、本当に大切なのはシールなんかじゃないということに気づき始めたパンチネロの心の変化に、読んでいる側も安心させられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鬼?  掲載日:2018/2/1
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
試し読みしました。突然、ドーナッツ100個も注文が入って、一体誰からの注文だろう?と思っていたら、案外かわいらしい怪物からでした。鬼?のような見た目で、ドーナッツを食べ終わると春を運んできてくれました。まだ寒さが厳しい季節ですが、春が来るのが待ち遠しくなるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちがこもっていました  掲載日:2018/2/1
いちばんうれしいおくりもの
いちばんうれしいおくりもの 作: マックス・ルケード
絵: セルジオ・マルティネス
訳: 松波史子

出版社: いのちのことば社
木彫りの小人のパンチネロが考えた歌詞が、ウイミック皆の気持ちを表現した歌になっていて、ラストの終わり方も、創造主のエリがとても嬉しそうにしていて素敵でした。エリの言葉一つ一つに、小人たち一人一人を愛情をこめて大事に大事に作ったという雰囲気が込められていました。
参考になりました。 0人

1047件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「星新一ショートショートえほん」シリーズ<br>画家さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット