もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

morimoriさんの公開ページ

morimoriさんのプロフィール

ママ・30代・山口県

morimoriさんの声

1066件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 1度で2度おいしい  投稿日:2019/02/16
3びきのこぶたと4ひきめのこぶた
3びきのこぶたと4ひきめのこぶた 作・絵: きしら まゆこ
出版社: 教育画劇
通常の三匹のこぶたのお話の裏舞台に、4匹目のこぶたのお話が並行して流れるストーリでした。まさに一度で二度おいしい感じです。通常だとオオカミが死んでしまいますが、4匹目のコブタのおかげで誰も死なずにハッピーエンド。こんなお話があっていいな〜とほのぼのしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おいしさが止まらない!  投稿日:2019/02/14
かわいいおかし
かわいいおかし 作: かけひ さとこ
出版社: 教育画劇
いろいろなかわいいおかしたちが登場し、サクサク、ぱくぱく食べられてしまいます。
見ているだけで、とってもおいしそうでした。
食べだすと止まらないどうぶつビスケット、共感できます^^
あの懐かしくてやさしい味がまた食べたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 秋の雰囲気たっぷり  投稿日:2019/02/11
ちいさなエリオット たまにはとおくへ
ちいさなエリオット たまにはとおくへ 著: マイク・クラトウ
翻訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
水玉模様のエリオットがとってもかわいらしいです。タイトルを見て、どこへおでかけするのかなと思っていたら、秋の雰囲気がたっぷり味わえる自然の中へ。かくれんぼでなかなか見つけてもらえないと、だんだん不安になっていく展開に共感できます。新しい友達もできて、気持ちの良い終わり方でした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 清涼感!  投稿日:2018/08/15
どどどーん ぱっ!
どどどーん ぱっ! 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 鈴木出版
暑い暑い夏にぴったりの、清涼感あるお話でした。夏はやっぱり涼しいところに行きたいし、みんなでワイワイできる楽しいことをしたい!夜はみんなで花火をして楽しい時を過ごしたライオンさんたちの様子を見て、「いいな〜!」という我が子でした。緑のリュックサックも納得でした。まるみのある絵がなんともかわいくて気に入ってます^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 忍者のあれこれ!  投稿日:2018/08/11
にんじゃなんにんじゃ
にんじゃなんにんじゃ 作・絵: 中垣 ゆたか
監修: 山田 雄司

出版社: 赤ちゃんとママ社
忍者の数を数えたり、仲間をさがしたりしながら、忍者についてのあれやこれやが詳しく解説してあり、大人も子供も興味津々で読んでしまいました。すいとんの術って、結構簡単そうに思っていましたが、熟練の成せる業とは驚きでしたw
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オチが面白い!  投稿日:2018/08/09
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
おとこのこがとなえる呪文が早口言葉のようでなかなか上手に読めないところも面白いです。お化けが出ては消え、出ては消え・・・を繰り返すうちに男の子の正体が判明し、お化けもびっくり!お母さんと作ったアツアツのカレーの湯気までもこだわりが現れていて、夏にぴったりのお化けえほんでした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい かわいい友達  投稿日:2018/08/09
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
みずたまもようのかわいらしい、ちいさなぞうさんに、親子そろって「かわいい〜!」と癒されました。ちいさいので、ちょっと困ってしまうことがいろいろな場面で起こってしまいます。まるで幼少期の子供の目線です。でも、ちいさなねずみさんと協力してカップケーキも、そしてもっといいものも手に入れることができ、エリオットは幸せそうでした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う いろいろなお弁当の登場  投稿日:2018/08/08
おべんとうしろくま
おべんとうしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
くすっと笑える場面が満載のお話でした。いろいろな種類のお弁当が登場し、お弁当の中に上手に入り込んでいるしろくまがなんともかわいらしかったです。しろくまの家族がでてきて、それぞれがサンドイッチの具になりきっているところがお気に入りです^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ご利益がある?  投稿日:2018/08/08
のどぼとけさん
のどぼとけさん 作: 尾崎美紀
絵: ささき みお

出版社: ひさかたチャイルド
おじいちゃんののどに住んでいるのどぼとけさんは、予想外のほとけさんで驚かされました。のどぼとけさんの言うことをきいてあげたおかげか、ラーメンをおごってもらえて、じいちゃんも元気になって、ちょっとしたご利益が現れたようでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おまじない  投稿日:2018/08/08
バナナおいしくなーれ
バナナおいしくなーれ 作: 矢野 アケミ
出版社: 大日本図書
おいしくなるはずのおまじないが効いているのかいないのか、よくわからないけれど、子供にはウケていました。バナナの皮がむけると、なぜかウインナーやゴーヤがでてくるのもユニークで面白いです。にがいゴーヤをおかあさんにあげるっていうのも、子供らしくてついニヤリとさせられました。
参考になりました。 0人

1066件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット