うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

よるがきらいな ふくろう」 みんなの声

よるがきらいな ふくろう 作・絵:仁科 幸子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784033315102
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,183
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • めずらしい

    • クリ先生さん
    • 40代
    • せんせい
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子11歳

    絵本といえば、登場人物はかわいい、きれい、なキャラクターが登場しがちだが、この本はフクロウと蛾のおはなし、夜の世界と2匹のやり取りにあたたかいものが感じられます、3歳の子供たちもくぎずけになりました。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  •  タイトルにクスリとして読みましたが、素敵なお話でした。
     ふくろうさんは、絵本の世界ではバイプレーヤー的立ち位置にいがちですが、この作品では主役です。
     
     幼い頃の嫌な体験で、昼型になってしまったふくろうさん。
     一生懸命ふくろうさんのところへ通い、夜の素晴らしさを語り誘う蛾(が)、そう蛾です。
     彼の通い続ける様子を描いた画面割が効果的でした。
     毎夜誘いに来ていた蛾が、ある夜からぱたりと来なくなって・・・。

     かたくなに、夜の外へ出ることを拒絶していたふくろうさんだったのに、久々再会した蛾への一言に、私もビックリ!
     蛾は気づいていたのでしょうね。
     でも、凄い!
     チャンスですものね。
     さりげなく即また誘います。

     あぁ〜、良いお話でした。
     こういう素敵な出会いがあるから、人生は楽しいんですよね。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • どうしてよるがきらいなの?

    まずは題名を見て、
    『えっ?どういうこと』と不思議に思い、表紙の、なんとも愛嬌のあるふくろうさんの顔を見て、この絵本を手にしました。
    夜がきらいで、昼に起きていたふくろうさんが、
    「あそびにいこうよ。」
    と、ガに誘われました。なんかいきても、断っていたふくろうさんでしたが、とうとう出かけていくことに…
    さてさて、ふくろうさんの苦手は克服されるのでしょうか。
    それにしても、ふくろうさんとガという取り合わせは、なかなかないものです。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな友達

    このお話の主人公はフクロウなのに夜が嫌いなフクロウでした。でも、蛾が毎晩誘いに来てくれていつしかとっても仲のいい関係になりました。二人がだんだん距離が縮まって行く様子がとってもあったかなお話で素敵でした!!

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • トラウマを乗り越えて!

    子供の頃のトラウマで夜が怖くなってしまったふくろうは、フクロウとしての生活ができなくなってしまったのでお友達がいません。ある夜に蛾がふくろうの家に飛び込んできてからは毎日のように「遊びに行こうよ」と誘いにきてくれるようになります。毎晩蛾はふくろうを誘いにくるのですが、風邪を引いてしまった晩に来なくなってしまいます。お互いに心配し合う二人に温かい気持ちになれます。親切で親身になっていれば必ずいつか気持ちが通じるものだと思いました。蛾のお陰でフクロウはトラウマも克服することができる様になったし、二人で一緒に遊べる楽しさ、友達の有難さやも経験できて本当によかったと思いました。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく愛らしい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    とにかく絵が愛らしくかわいく素敵です
    一目で大好きになりました
    ふくろうとガという組み合わせも何とも心惹かれてしまいます
    いやだいやだとおもっていることも
    一歩踏み出してみると思っていたほど嫌なものでなかったってこと
    ありますよね。そんな時に背中を押してくれたガみたいな友達が
    とてもありがたく感じます
    ふくろうにとってもそんな温かい気持ちに包まれた夜だったでしょうね

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとりは寂しいです

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    子供の頃、夜に怖い出来事があってから夜が大嫌いになってしまったフクロウの話です。
    ある日1匹の蛾が、『どうして夜ねてるの?夜はたくさん楽しいことがあるのに』とフクロウを誘います。でもフクロウは知らん顔で蛾を無視し続けます。
    毎日毎日蛾はあきらめずにフクロウのところへやってきたのですが、ある日を境に蛾が来なくなってしまうのです。
    いつもはうっとうしいくらいの存在でも、逢えなくなると寂しくなるこっとってありますよね。
    フクロウの閉ざした心を蛾がどうやって開いてくれるのでしょうか?
    是非読んでみて下さい。
    一人悩んで落ち込んだ友達を勇気づける時などに参考になるかもしれません。
    読んでいくうちに温かな気分になりますよ。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の氷解

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    夜が嫌いなふくろうが主人公。
    子どもの頃体験した怖さを今も引きずっているのです。
    ところがある夜、偶然やってきたガが夜の世界に誘い出したので、
    ふくろうは気持ちが変わります。
    ふくろうの気持ちが切々と伝わってきます。
    と同時に、暗示的な作品のようにも思いました。
    あるきっかけで孤独に過ごしている人、案外たくさんいるように思います。
    幼少の子ども達に、素朴にふくろうのおはなし、として読んであげてもいいですが、
    むしろ、中学生以上の孤独に悩める方々にそっと読んでもらいたいと思いました。

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の解放

    このお話は小さな頃のトラウマから、ふくろうとしての生活を出来なくなっていたふくろうが、ガとの出会いから、本来の自分を見つけていくというお話。私の周りの子どもたちも引きこもりになってしまっている子どもがおおぜいいて、このガのような人との出会いがあればと思いました。ガとふくろうは天敵ですが、お互いが孤独であることで、心があればそれも乗り切れる気持ちがしてジーンと胸が暖かさで包まれました。

    掲載日:2008/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット