まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

ぼくへそまでまんが」 みんなの声

ぼくへそまでまんが 作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1990年
ISBN:9784265916535
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まんがに挑戦!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    つらいこともまんがにして笑い話にしてしまおう!というのはいいですね。
    もちろん反省すべきこと等は茶化すのではなくしっかり反省してもらいたいですが。
    今回も描いたまんがが本当になってしまった!?
    毎回毎回かいたことが本当になるというのはこのシリーズのお約束なのでしょうか(笑)。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズ

    ちょっと長いけれど、苦にもならずに一気に読んでしまう
    シリーズです。今回はマンガを描く則安くん、マンガって
    簡単そうに見えて、真面目に描こうとすると難しいのですね。
    起承転結の解釈にとても笑いました。
    子供ながらの発想、柔軟な頭、楽しくてしょうがなかったです。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • めちゃくちゃ〜♪

    今回はマンガに書いてみると・・・
    4コママンガの絵はいつにもまして
    奇想天外!ありえな〜いが増していて
    娘は「ははは、めちゃくちゃ〜」とうけていました。
    こどもでもかけるかも!と思わせてくれる絵で(笑)
    娘はまねっこしてなにやらマンガを描こうと格闘してました。

    あとがき失敗について書いてありました。
    「自分のことを、他の人が見ているような気持ちでみるんだ。
    そうすると、自分では大変なことだと思っていたことも、
    なんだ、たいしたことないじゃないか、気にすることないよと
    思うようになる。」
    素敵でとっても大切なことだなぁ〜
    こどもに響いてるといいなぁと思いました。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • やだましろうの本はおもしろくて、すきなので、かいました。

    のりやすが、しっぱいがあると、四コママンガにしちゃうところが、おもしろいとおもいました。

    のりやすが、わざとおならをしてはずかしいことをしたのに、ヘリコプターの音が大きくてうちけしちゃうのに、びっくりしました。

    おならしゃうところが、おもしろいです。

    おとうさんが、まんがをかいて、おかあさんが、まんがのかきかたの本をよんで、マンガを書きなさいっていったので、びっくりしました。

    べんきょうしなさいなら、わかるけど、マンガかきなさいって、めずらしいとおもいました。

    びっくりしたのは、かいたマンガがげんじつになっちゃったからです。

    「はれぶた」の本には、こういうことが、よくあるとおもいます。

    くびをこうかんしたので、ふしぎだなあとおもいました。

    へんなにんげんが、ふえたらこまるなあっておもいました。

    びっくりしたところが、多かったです。

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一気読みしてしまいました

    息子が毎日のように読んでほしいと言う矢玉四郎。

    絵の得意な子なら、漫画を描いてみる時期ってあるのではないかな。

    このシリーズ特有の書いたことが本当に怒ってしまうおもしろさと怖さ。

    「あるく本人間」やガラスを食べている「ガラスにんげん」など、想像するとちょっといやだなと思うものもあり、この先どうなってしまうのだろうか?と気になって、やはりこの本も一気読みしてしまいました。

    発想も絵もユニークでおもしろ系の大好きな息子がはまってしまう気持ちよくわかります。

    掲載日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「はれときどきぶた」を読んだ後、息子が「もっと読みたい」と言うので続けて読みました。

    このお話、パンツで始り、はなくそなどが出てくるので、息子はそのたびにクスクス。

    「あるく本人間」や「ガラス人間」などには、ちょっとホラーな感じもあり、これもまた受けていました。

    日記同様、書いた漫画が本当になったら?と、子どもの空想の延長線上をお話にしたようでもあり、でも空想の飛躍加減がすごくて、息子は今一番はまっている作家がこの矢玉四郎です。

    息子は眠たい目をこすりながら、でも最後まで読みたくて、眠気と格闘しながら私が読んでいるのを聞いていました。

    お話がおもしろいので、眠気をこらえてまでも読みたくなる気持ちも理解できました。

    おもしろ系の好きな男の子がはまってしまうお話かもしれません。

    掲載日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 将来は漫画家?

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    今回は主人公の則安君、毎日漫画を描き続けます。

    自分の子供が、宿題もしないで毎日漫画ばかり描いていたら
    怒ってしまいますよね。

    でも則安君は、自分の恥ずかしかったことや、
    失敗してしまったことを、落ち込まないで笑いに変えようと思い
    漫画を描き始めたんです。

    明るく前向きな則安君。
    今の子供たちには少し足りない部分かな?

    そんな則安君に感心していたら
    またまたでたらめな世界になってしまって・・。

    この本の話の展開に、子供は惹かれるんでしょうね。

    今回もまたまた変な世界になっちゃいます!
    皆さんもでたらめな世界を楽しんでくださいね。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ピヨピヨ スーパーマーケット / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット