もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねずみのしょうぼうたい」 みんなの声

ねずみのしょうぼうたい 作・絵:加古 里子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1985年03月
ISBN:9784032360509
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「ねずみのしょうぼうたい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 消火活動の大変さ

    ねずみ年で、ねずみの本を検索する中、作者がかこさとしだったので、興味を持ちました。

    なべぞこやまのむこうのまちには、ねずみのしょうぼうたいがあります。

    感心したのは、トンコロレストランでの消火活動でした。隣がペンキ屋さんで油の缶があり、その隣がガソリン・スタンドでした。燃えているのは、レストランの油ですが、周りにも油が多いということで、二次被害を防ぐことも考えて消火活動をしています。

    油に水をかけると炎が飛び散って大火事になるかもしれないという注意書きもあり、泡消火器を使います。

    息子は、油にどうして泡とちょっと不思議そうでしたが、以前防災訓練で、私が消火器を使ったことを覚えていたので、その時のことを話したら納得できたようでした。

    火事を防ぐという啓蒙の意味のある本のなのですが、ねずみのしょうぼうたいということで、子どもにもわかりやすく、消火活動の仕方を伝えているところが、いいなあと思いました。

    高層マンションでの救出劇では、ハラハラドキドキ。絵も文も親しみのもてる内容で、子どももとても興味を持って見ていました。

    消火活動の大変さや、火の正しい使い方がわかります。

    掲載日:2008/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット