くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ふねくんのたび」 みんなの声

ふねくんのたび 作:いしかわ こうじ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784591103357
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,333
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • すてきなみなとまち

    • ★ハチ★さん
    • 30代
    • せんせい
    • 静岡県
    • 男の子2歳

    ふねくんがお手紙を届けに海を旅するお話です。
    優しい可愛らしい絵が描かれています。
    旅をする中で、大きい船にであったりたくさん船が出てきます。
    最後は簡単な仕掛けがあり、子どもも喜びます!
    保育園などで2、3歳児の読み聞かせにもいいかもしれません。

    掲載日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • のんびりゆったりふねのたび

    男の子が、荷物を運ぶふねくんに、遠くへ引っ越した友だちへ手紙を届けてほしいとお願いします。

    イルカに島、朝日に夕日に星空。
    他には何もないから、空の美しさが際立ちます。

    時には嵐にも遭いますが、どこまでも続きそうな海の上のたびは、のんびりゆったりしていて、ほぐれました!

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見開きページが圧巻

    表紙のイラストが可愛くて、手にとりました。
    ふねくんが男の子のお友達にお手紙を届ける旅に出るお話です。
    乗り物絵本なので男の子向けかなと思ったんですが、イラストがカラフルで女の子も喜びそうなテイストがいっぱいでびっくり!途中で出てくる島なんていろんな形の島があったり、大きな虹が出てきたりととっても楽しめる内容でした。
    しかけ絵本だと知らなかったのですが、ラストの港に着く光景は圧巻でした!女の子にもおすすめの乗り物絵本です!

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 船に興味がなくても

    1歳5カ月。
    くだものいろいろかくれんぼが好きなので図書館で借りてよみました。
    「かくれんぼ」シリーズ同様にはっきりとした色遣いでシンプル、わかりやすい絵本ですね。
    船はあまり興味のない息子なのですが、気に入ってなんども読まされました。
    特に最後のしかけ部分が良いようで、自分でもめくって楽しんでいます。
    だんだん船が増えていくのは大人でも読んでいてわくわくしてしまいました。
    「かくれんぼ」シリーズが好きな子なら読んで損はないと思います。

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • おふねの大好きな2歳の孫に選びました。案の定表紙の絵から、「ぱぱとままとゆうだいとおふねにのったよ!」と、嬉しそうに話してくれます。ちょっと発音が聞きにくいのですが、とても喜んでます。やっぱり、船の絵本は、孫が喜ぶので読んであげるのも幸せになれます。青いそら、青い海がとても綺麗です。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • きれいな空と海

    いしかわこうじさんの絵本は大好きで、いろんな本を読んで
    きました。
    今回も期待をうらぎらない、楽しい絵本でした!!
    きれいな空と、偉大な海、両方の青が、とても印象的な
    絵本でした。
    途中、困難もあったけど、無事に港にたどりついたときには、
    「ふねくん、頑張ったね!!」と、心の中でほっとしました♪
    元気になれる絵本です!!

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほのぼのする作品です!

    ふねくんが小さな町に住む男の子からの手紙を大きな町に住む女の子に届けるという内容です。

    広い海をふねくんはどんどんすすんで行きます。穏やかな海・嵐の海にはドキドキ・虹がかかった海・夕暮れの海・星空の海・朝日の海 いろんな海の変化を楽しみながら目的の大きな町に到着します。

    子供も1ページずつ変化する海に興味をもち思った事を話しながら最後まで楽しく読みました!

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。娘は船が大好きなのでこの本を選んだのですが、とても喜んでくれました。絵もシンプルで可愛いし、私も大満足。そしてこの本を読んでますます船に乗りたくなったようで以前にも増して「おふねのりたーい」と言うようになりました。船が好きなお子さんにはうってつけの本だと思います。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 海の青さがいいね

    手紙をあずかったふねくんが大航海に出かけます。海から見る虹、夕焼けはとてもきれいで、海の青もよくはえて...とてもすがすがしい本。
    ふねくんが到着した港町には、何隻もの船がいて...
    港町にでも育っていないかぎり、なかなかこういう景色を目にすることはないでしょう。
    だいたい、普段、船を見る機会もそんなにないし。
    船で遠くに行く、それを想像しながら読むだけでも、けっこう楽しい。お話は単純明快なので、乗り物好きの小さな子からどうぞ。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 海を渡って遠くに行くことを理解!

    • えほんほんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    乗り物好きの息子に読んであげました。
    ふねがうみにいるということは今までも理解はしていたものの、この本を見て、海を渡るということを2歳なりに理解していたように思います。
    島を見て、魚を見て、嵐が来て、夜が来て、朝が来て・・・と長い時間がかかって海を渡って目的地へたどりつく。
    途中、いろんな表情をしながら私が読む本を眺めており、「やっとついたね」と言っていました。
    こどもが船旅の感じを楽しめるいい絵本だと思います。

    掲載日:2011/01/14

    参考になりました
    感謝
    1

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット