かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

ぺんぎんさんさんの公開ページ

ぺんぎんさんさんのプロフィール

ママ・40代・茨城県、男の子4歳 男の子1歳

ぺんぎんさんさんの声

465件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい てづかみ食べの子へ  掲載日:2017/11/22
紙芝居 スプーンとフォーク つかえるよ
紙芝居 スプーンとフォーク つかえるよ 作: にへい たもつ
絵: 笹沼 香

出版社: 教育画劇
1歳の息子は手づかみ食べばかりなので、こちらの紙芝居を読んであげました。
動物たちが手や鼻で食べる様子をクイズ混じりに楽しく紹介していて、
男の子はカレーを何で食べる?という流れ。

男の子を息子の名前にして読んであげるととても喜びました。
そしていつも手づかみで食べているのに
「すぷーん!」
と答えるではありませんか。

本当はスプーンで食べるって知ってるんだなーと悟った絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごく楽しい!  掲載日:2017/11/22
紙芝居 ぴよぴよぴよちゃん
紙芝居 ぴよぴよぴよちゃん 作: すとう あさえ
絵: 前田マリ

出版社: 童心社
ひよこが歩く姿を描いているのですが、
でこぼこ道やつるつる道など、いろいろな擬音の道が出てきて
とっても楽しいです。
すべったりするのも、ちょっとしたスリルがあって子供たちは釘付けになります。

ママに抱っこされるシーン、子供たちもとってもほっとしたような顔になり読み手としても楽しいです。
このシーンでは、4歳の息子は必ず「ママの目大きいねー」と言います。
本当に大きい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちんあなごが絵本になるなんて  掲載日:2017/11/22
とびだせ! ちんあなご! ゆうえんちはおおさわぎ
とびだせ! ちんあなご! ゆうえんちはおおさわぎ 作: ウタトエスタジオ
出版社: マイクロマガジン社
なんだか印象に残るネーミングのちんあなご。
どこの水族館に行ってもなぜか必ずいるちんあなご。
そんな彼らが絵本になったと聞いてびっくり。
不思議な魅力のある生き物ですよね。

内容は、ママ探しをしながら迷路やしりとりができる楽しいものでした。
イラストがコミカルでかわいらしいので読み手を選ばず自然に読めそうです。

読んでいてとても楽しいのですが、正直言うとそんなにちんあなごじゃなくてもいいよな…。
姿名前はよく知っているけれど、どんな生き物なのかあまり詳しくは知らないので、もう少しちんあなごの生態ならではのエピソードがあったりするともっといいのになーと思いました。
そんな要素も盛り込まれた続編を期待したいと思います。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 夜に読みたい絵本  掲載日:2017/11/16
おうさまの たからもの
おうさまの たからもの 絵・文: 糟谷 奈美
出版社: 至光社
静寂な雰囲気が伝わってくるとてもすてきな絵本です。
イラストもアーティスティックな独特なものがあり、大人でもひきつけられます。
普遍的で単純な物語ではありますが、何が大切なものか、というとても大きなテーマの作品です。

物事の本質まで受け止められる年齢ではないのですが、その世界観に浸ることで透き通ったような気持ちを感じられているように思います。
静かな夜にゆっくり読んであげるのにぴったりな、とても上質な絵本です。

とても気に入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雰囲気だけでも伝えたい  掲載日:2017/11/13
だいぶつさまのうんどうかい
だいぶつさまのうんどうかい 文: 苅田 澄子
絵: 中川 学

出版社: アリス館
神様たちの運動会、笑わせてもらいました。
大人にはわかるのですが、4歳の息子には「だいぶつさま…?」というかんじでした。
多分恐竜の一種みたいなかんじでとらえられているのではないでしょうか。
でもそれがいいのです。
なんだかよくわからないけど絵本として楽しむことでお寺に親しむ。

私は学生のころ修学旅行のお寺巡りなどまったく興味を持てずにいたのですが
大人になった今、もったいないことをしたなーと感じています。
知識がなくても親しみを感じているだけでももっと有意義な時間をすごせたのではと思います。
日本人なら知っていて損ではない、それを絵本を通して4歳から親しめるなんて贅沢なことです。

息子ははじめの挨拶ページが気に入ったようで
ミニカー遊びをしながら「やあやあみなのしゅう」と言っていました。

それくらいから始めたい仏教。
大人も子供の楽しめてよい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かっこいい  掲載日:2017/11/10
ホームランを打ったことのない君に
ホームランを打ったことのない君に 作: 長谷川 集平
出版社: 理論社
絵本を読んで青春を感じたのは初めてかもしれません。
この絵本はストイックなかっこよさがあると思います。
スポーツを志す若者の心みたいなものが。

4歳の息子に読み聞かせました。
かなり難しい内容ですし野球じたいなんのことやらというかんじなのですが
ちゃんと聞いてくれました。
きっと物語の大人びたかっこよさに惹かれたんだと思います。
はじめは文字が少な目で読みやすいのですが、途中から専門用語を交え
文字多めになります。
でもその「ウェイトトレーニング」や「ホームランバッター」など、ちょっとした横文字が4歳児の心をくすぐっているようにも見えます。

野球ファンの母が一緒に野球を見に行きたいといつも言うので
雰囲気を伝えるのにも良い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リズム感  掲載日:2017/10/25
紙芝居 たこちゃん たこちゃん
紙芝居 たこちゃん たこちゃん 絵・脚本: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
長野ヒデ子さんの絵本を何冊かもっているので、図書館でみつけたときうれしくて借りました。

子どもとたこちゃんしか出てこなくて、ひたすら掛け合いだけの物語。
紙芝居として、とても読みやすいです。
言葉もリズム感があり、楽しく読めます。

絵本ではなく紙芝居だからこその作品だと思います。

我が家の1歳も4歳も大喜びです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ももんちゃんの作家さんの紙芝居  掲載日:2017/10/20
紙芝居 きかんしゃ ぼっぽくん
紙芝居 きかんしゃ ぼっぽくん 脚本・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
ももんちゃんのだ!
と思い、素早く図書館で借りました。
小さい子に親しみやすい絵柄、そしてお話がなんとも独特。

機関車と車がおいかけっこして、ブランコに乗る。
という、夢のような、でも幼児なら夢で見てそうな物語です。

とよたかずひこさんらしいなー。
なんて思いました。

我が家の1歳も4歳も楽しそうに見てくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖いのがくせになる?  掲載日:2017/10/20
紙芝居 ひっぱりぬまの かっぱ
紙芝居 ひっぱりぬまの かっぱ 脚本: 津田 真一
絵: 松成 真理子

出版社: 童心社
たまにはちょっと怖そうな紙芝居を読んであげようかな、とこちらを図書館で選びました。
4歳の息子用と考えていたのですが、思いのほか1歳の下の子に大ヒット。
1回読んだら3回は連続しないと気がすまないようです。

ちょっと怖い感じに読んであげているのですが、怖くないのかな…?
真剣な顔で見ているので雰囲気は伝わってるんじゃないかな?とは思いますが。

かっぱの顔がいい感じに怖くて、でもそんなに怖くないお話なので聞きやすいみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 変わった迷路がたくさん  掲載日:2017/10/20
めいろブック ゆめのなかのぼうけん
めいろブック ゆめのなかのぼうけん 作: たちもと みちこ
出版社: 赤ちゃんとママ社
かわいいイラストがたくさん載っています。
が、よく見るとすべて迷路!
草むらを通ったり、木の幹を通ったりと、道をたどる普通の迷路とは一味違います。

まだ迷路がわからない子にはおかあさんが指を動かしながら読んであげると
子どもも真似して遊んでくれるんじゃないかな、と思います。

とってもかわいい1冊です。
参考になりました。 0人

465件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット