クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!

メジルシ」 みんなの声

メジルシ 作:草野たき
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784062146203
評価スコア 4
評価ランキング 19,644
みんなの声 総数 3
「メジルシ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新しい一歩

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    全寮制の高校へ進学する双葉、離婚を決めた両親、家族は別れる前に最後の家族旅行に出かけます。
    家族の旅行中の様子、双葉の心情、タイトルの意味…。読んでいてちらりらと伏線があり、予想通りの展開でしたが辛いですね。
    母親が子供を愛せないのは子供だけでなく母親も辛いことでしょうね…。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 崩壊家庭に見えてもいろいろあります

    離婚直前の家族三人が北海道旅行をする。主人公の女の子がいろんな明るいフリ、平気なフリを装うが、ふと気づいた自分のやけどの痕の不自然な点、、、。実は母のDVなのですが、こういうのって本当にひどい。読んでいるほうも傷つきます。キスしている母娘を見てぼろぼろ泣けてしまう主人公の気持ちがわかって、すごく切ない。

    筆力はあるのですが、結末はまあまあ落ち着く感じですが、、、、すごく切ない、重いお話です。

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母と娘

    私は母子家庭です。
    今、娘がいます。(夫もちゃんといますが)
    この話は、離婚する前に行く
    親子三人の家族旅行の
    お話しです。
    タイトルのメジルシというものの
    本当の正体を知ったとき…。
    なきました。
    母と娘のあり方を想って
    なきました。
    暗い設定の話だけれど、
    すごくおもしろかったです。
    草野たきさんの文章は
    テンポが良くて読みやすく、
    一気にざーっと読めます。
    娘を持っている方にオススメの本です!

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット