ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ねずみじょうど」 みんなの声

ねずみじょうど 作・絵:手塚治虫
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,553+税
発行日:1988年11月
ISBN:9784309723723
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 手塚治虫と昔話がつながらなかったのですが、タイトルページ裏にある英文に、手塚治虫のはにかみと母親像を感じました。
    手塚治虫が幼いころに母親から聞いたお話で、先祖から語られてきた昔話であり、自分も語り伝えたい昔話なのです。
    「ねずみじょうど」「かたはぐるまのはなし」「えきほすのはなし」「いばら姫」と4話収録されている中で、知っている「ねずみじょうど」と「いばら姫」は、私が知っているお話とちょっと違和感があったり、省略部分を感じたりしましたが、きっと手塚治虫はお母さんからこのように聞いたのでしょうね。
    あじわいがあるアレンジで、新鮮さを感じました。

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手塚治虫の絵本

    手塚治虫の絵本ということと、ねずみの話ということで興味を持ちました。この絵本には、「ねずみじょうど」「かたはぐるま」「えきほすのはなし」「いばら姫」の4つのお話が収録されています。

    カバーの説明によると手塚治虫がお母さんから寝物語として聞いていたものらしいのです。

    そう思うと一層興味が湧きました。河出書房新社

    「ねずみじょうど」は、昔話に多い「よいおじい」と「わるいおじい」の話です。

    よいおじいは、へっついの横のねずみの穴に米粒を入れてやっていました。ある日、ねずみはおじいに、へび退治を任せます。それを聞いたわるいおじいが同じことをします。

    わるいおじいは特別悪いことをした訳ではありませんが、欲や心
    がけの悪さが悪いことを招いてしまうのかもしれないと思いました。

    「かたはぐるま」は見てはならないと言われていたのに、戸の隙間から覗いてしまった女が子どもをさらわれて、探しに行く話です。

    「見てはいけない」というのは「つるのおんがえし」始め、昔話にはよく登場する設定ですが、大事な子どもをさらわれてしまうというお話は初めて読みました。子どもを持つ母親としては切ない話でした。

    「えきほすのはなし」は、売店で売られているのどの薬「えきほす」の話です。物の以心伝心というのか、不思議なお話でした。
    日本のお話の中に一つだけ「いばら姫」というグリム童話が入っていたのに驚きました。ある国に王女が生まれ、その宴に十三番目の仙女を呼ばなかったために、仕返しされてしまうお話です。
    絵本の中に、4つの話が収められているので、ダイジェスト的な面があり、息子はどの話も「これでおしまい」とちょっと物足りなそうにしていました。

    手塚治虫が創作をするに当たっては、子どもの頃、お母さんから聞いた不思議なお話の影響も多きかったのでしょうね。そう思って読むと、これから手塚漫画を読む時の、読み方が変わってきそうな気がしました。他にも3冊ほど絵本が出ているようなので、どんな作品が収められているのか読んでみたくなりました。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット