だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ゆきのあさ」 みんなの声

ゆきのあさ 作・絵:笠原則行
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2003年02月
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「ゆきのあさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぱんぱんぱん ぱんぱんぱん・・・・・

    雪国に憧れますが、雪国の生活は毎日一日も雪かきをお休み出来なくて

    大変なんだと思いました。

    寒い冬は、朝起きるのが辛いから朝起きるだけでも大変なんだと思いま

    した。

    家族全員で協力しての作業に羨ましくも思えました。

    主人公の「ぱんぱんぱん」の受け持ちに孫はとても喜んで自分でも、

    「ぱんぱんぱん ぱんぱんぱん」と言ってました。

    台所当番がいいなあって、おとうさんのお炊事がいいなあって思いまし

    た。とっても温かい気持ちになれた絵本です。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。暗い空にパットはえる薄い黄色のタイトルの描き方がセンスがあって良いと思いました。家族で協力して雪かきをするのが素晴らしいと思いました。単純に作業をこなすのではなく楽しんで行っているのが良いと思いました。お父さんが率先して料理をしているのにも目を見張りました。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆきぐにのせいかつ

    • やっほさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子3歳

     ゆきがなかなか降らない地方では、雪国の生活がなかなか新鮮なものです。

     ニュースで大雪の映像を見ると、雪が降るなんていいなあと羨ましがっていた子供が、雪国って大変なんだなとしみじみ思える絵本です。

     雪おろしして、最後にみんなで暖かいお風呂にはいって、暖かい食事を囲んでいるところが、とてもいいなあと思いました。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / くだもの / きょだいな きょだいな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット