おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

岩波少年文庫 18 エーミールと探偵たち」 みんなの声

岩波少年文庫 18 エーミールと探偵たち 作:エーリヒ・ケストナー
訳:池田 香代子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784001140187
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少年たるもの、これを読むべし。

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳

    懐かしいこの絵本、ストーリーの中に入り込んでワクワクハラハラする面白さを息子にも知って欲しくて、毎晩少しづつ読み始めました。

    まず冒頭は独特のケストナー節が長い・・!長すぎるっ・・!
    登場人物の紹介までで、読む母ヘトヘト。横向くと寝息が・・・あぁ・・。
    イラストもあって魅力的なんですけどね・・。

    しかし主人公の少年エーミールが独りで電車に乗り、ベルリンの祖母の家に向かい始めると・・そこからはもう物語もスルスルと動き出し、
    すっかりエーミール目線でいることに気づきます。
    ハプニングあり、出会いあり、冒険あり・・・。
    毎晩一章づつ読んでいたのですが、物語が盛り上がってきたところで・・・やられました。息子に。
    なんと夜中に殆ど最後まで一気に読んでしまったのです。
    そうだよね、この物語は先が気になって、途中で止めることなんてできないよね・・。
    それだけのめりこんでくれたことが嬉しくもあり、そのドキドキを共有したかった気持ちもあり。笑

    冒頭のケストナー節さえ乗り越えられたら、7歳にも十分楽しめる
    お話です。
    個性的な少年たちが集まって、困ったエーミールに協力するのがいいですね。大人になって読んでみると、お母さんへの気持ちなどもけなげに思えました。

    子供の頃に読んだ名作は、何十年経ってもやはり名作でした。
    次は「エーミールと三人のふたご」を読もうかな。

    掲載日:2012/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット