ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ユリシーズ・ムーア(1) ユリシーズ・ムーアと時の扉」 みんなの声

ユリシーズ・ムーア(1) ユリシーズ・ムーアと時の扉 編・訳:金原 瑞人
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年10月22日
ISBN:9784052033148
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「ユリシーズ・ムーア(1) ユリシーズ・ムーアと時の扉」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作者がわからない?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    だいぶ前からタイトルは聞いたことがあったし、児童文学の作品としては有名なシリーズだということは知っていました。
    でも、何冊も出ていて、どれが最初の1巻かなかなかわからず、読み始めたら先が気になるだろうに何巻まであるんだろう。と思って、今まで手に取っていませんでした。

    ただ、邦訳が私の好きな金原さんだったので、第1巻を調べてやっと読みました〜!

    まず、主人公は11歳の男女の双子ジェイソンとジュリア、それに1つ年上の友だちのリックという、読み手の子どもたち(作者が読んでほしい子どもたち)と同年代の子どもの歳っていうのが、共感が湧いてくるとなぁと思いました。
    で、物語の始まり方がまた謎めいていて、推理小説などの探偵ものが好きな人や、不思議なものが好きな小さな冒険家さんたちにはもってこいの魅力的な始まり方だと思います。
    ただ、この本を検索しようと思ったとき、作者名がはっきりしなくて、なかなかでてこないので苦労しました。
    第1巻は謎めいた作者、謎めいた物語の本当に序章という感じで、主人公の子どもたちは冒険の旅に出た(?)というところで終わっていました。(やっぱり先が気になる〜)

    本文は金原さんの読みやすい邦訳で、場面がよく見えるし、ストーリーのテンポがよくって、あっという間に読み終えてしまった感じです。
    文字の大きさやスペースも大きすぎず小さすぎず読みやすかったです。
    冒険もの・ファンタジーもの、謎解きが好きな小学校高学年から中学生・高校生くらいのお子さんたちにお薦めします。

    掲載日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット