もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ピースランド」 みんなの声

ピースランド 作・絵:高畠純
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1981年2月
ISBN:9784871101073
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 行ってみたーい

    ニワトリが起きないでオルゴールが朝を教えてくれたり、
    髪?がぼうぼうのライオンが床屋さんだったりとっても
    ユーモラスなピースランド!!この絵本は作者が絵本館の
    方に「好きに描いていいよ〜」と言われて「だまされてる?
    まやかし??」と思いながら描いたそうです(笑)
    まとめると、「こんな素敵な島、ピースランドへ行ってみたーい」
    というのが本音です。

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間に追われずゆっくりゆったり

     私の為の癒し系絵本です。
     高畠先生の描かれるキャラは、見ていて力が抜けるほど可愛い。
     
     今回は、ピースランド。
     忙殺の日々を送るお母さんたちにとっては、まさにユートピアです。
     こんな島に行ってみたいな〜。

     にわとりが朝寝坊で、時を告げるのは風で回るオルゴール任せっていうところから可笑しい。
     いいな〜、時間に追われずゆっくりゆったり、ファジーな世界。
     ワニのはみがきもたっぷり時間を掛けて、のんびりしています。
     自分のたてがみには頓着しないライオンの床屋さんも愛すべきキャラ。
     全員お昼寝で、静まりかえる島。
     太陽のお掃除って言うのにも、クスリと笑えちゃう。
     ポンテボックラの踊りを習って見たいな〜。
     お子さんにうけそうなのが、ビスケットの木かな。
     〆のビールも魅力的。
     
     本を閉じると、少し元気をもらえたような気分になります。
     お父さんにもお薦めだな〜。
     お疲れ様の一冊に。 

    掲載日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびりとした気分になります。

    • いっちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    はじめは、パパの趣味で購入しました。少し大人の楽しむ絵本のように見えたのですが、今では家族で愛読しています。主人公のうさぎも、ところどころに出てくる不思議な島の生き物たちも、子供にはおもしろくてたまりません。最後がビールで乾杯なのも、子供は「お父さんと同じだね!」と喜びます。子供は、親が思っている以上に、色々な絵本の楽しみ方を知っているようです。

    掲載日:2004/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / るすばん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット