ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ワンニャンプー」 みんなの声

ワンニャンプー 作:真木 文絵
絵:石倉 ヒロユキ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2002年
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,734
みんなの声 総数 9
「ワンニャンプー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 追いかけっこの話です。
    ページの終わりに次のページに登場する動物の一部が見えていて、誰を追いかけているのかな?と問いかけながら話を進める内容です。
    うしろにいるのだあれにように・・・

    柔らかいイラストで優しい動物たちが登場します。
    犬→猫→ネズミ→ひよこ→ニワトリ→アヒル→カエル→うさぎ→ひつじ・・・・ここまでは何とか、田舎にいる動物を想像できるけど、最後の動物は動物園にいるぞうさんでした。ぞうさんは誰も追いかけないけど、追いかけてきた動物たちにオナラを一発かまします。

    2歳以降はオナラもなんだろう?この臭いのって興味をもちます。
    オナラを理解すると、さらにこの絵本は楽しめます。特に男子ですかね。
    イラストも話も面白く、よく出来た一冊だと思います。
    ぞうさんのオナラって臭いのかな?って、聞かれたら臭くないと答えましたが正しいんか・・・。どうなんだろう?

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれかな?

    次はだれかな?と、わくわくするクイズ形式の絵本です。
    「まってまって」と追いかける先には、動物の下半身が・・・。
    次のページにはその動物の全身が描かれていて、さらに違う動物を追いかけています。
    犬、猫、ひよこ、ニワトリ、などお馴染みの動物たちなのがいいですね。
    最後の「プー」はなにかな?こんな鳴き声の動物いたっけ?
    不思議に思っていた「プー」ですが、なんとオナラの音!
    なるほど、そうきたかぁ、と笑ってしまいます。

    掲載日:2008/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のプーに大笑い!

    • うつぼっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、男の子1歳

    「まってよまってニャン」など単純な言葉と鳴き声を繰り返して、動物が追いかけっこをして進む絵本です。ちらっと後ろ脚など、次の動物が何かわかるヒントがあり、当てっこ絵本として読めます。

    まだ動物の名前は言えないけれど、「わんわん」「にゃんにゃん」と鳴き声で覚えるような年齢の子は特に楽しめます。

    最後にぞうさんが「プー」とするところ
    1歳でわりとポーカーフェイスだった息子が声を
    出して笑って、家族中がびっくりした思い出があります。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうくるか!

    犬が「まってよ まって ワン」と、誰かを追いかけてます。
    追いかけられてる動物は、下半身(?)だけ見えていて、
    次のページでそれが判明し、また別の動物を追いかけて・・・・という物語。
    「うしろにいるのはだあれ」形式の絵本かと思いきや、
    私の好きなオチがちゃんとついてました。
    ちょっと下品な(?)ぞうさんで、被害者(?)の動物たちが
    「くさい!!」って顔をしているのが笑えます。
    8ヶ月になった娘によんであげると、「まってよ まって」の後に続く
    動物の鳴き声のところで、わたしの顔を覗き込んでいました。
    擬音が面白いのでしょうね。

    掲載日:2007/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにかな?

    なにかな?あってこだよぉー。とむすめといっしょにたのしみました。このしっぽはうさぎさんかな?ねこさんかな?と、もう少し大きくなったら”これは、ねずみさんだよ!”と返事をくれるようになるかな?それまでは私が語りかけて読もうと思います。それでも楽しんでいます。

    掲載日:2007/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次はだれ?

    • ようこらせさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「まってよ まって」
    と動物が次々と追いかけています。
    次の動物の後姿だけが見えています。
    最後は動物園のゾウがおならを「プー」

    シンプルでわかりやすく、
    読んでいて自然とリズムにのっている感じになる本です。
    「こどものとも012」なので、小さなお子さんでも大丈夫。
    娘たちも大好きで、何回も読まされました。
    いろんな動物や鳴き声が出てきてとても楽しい絵本です。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物いっぱい!!

    • た〜ちさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子0歳

    どんどんいろんな動物が出てくる。
    犬はワンワン、猫はニャーニャーなど、動物の鳴き声も一緒に学べておもしろい!

    「ぴよぴよ」「がーがー」真似して読むとすごく子供の反応が良い!またちょっと大きくなった子供でも一緒に鳴き声を真似して遊ぶのもいいんじゃないかなぁって思います。
    とってもシンプルだから子供にわかりやすいと思いますよ。

    動物が好きな子供、動物に興味を持ち始めた子供にはピッタリの絵本だと思います。
    ぜひ、読んでみてください。

    掲載日:2007/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズ好き

    • さたちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    子どもって クイズが好きなんだなぁ〜 と思う一冊です。
    「まってよ まって」と色々な動物が前に居る動物を追いかけていきます。その後ろ足だけで何とか 動物を当て様と必死で食い入り子ども達!! とっても楽しそうです。

    最後は動物園でゾウさんが タイトル通り「プー」と。
    5歳の息子は「くっさそぉ〜」と大笑い。
    2歳の娘は 自分のおしりに手をあてて何度も「プー」と。
    年齢が違くても 楽しい本は同じなのですね。

    掲載日:2006/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 下半身を見て当てよう

    犬が誰かを追いかけてます。まってよ まってよワン
    すると、その相手は下半身だけが見えています。誰かな?
    と娘に聞くと、「ねこ」すると、次のページでは猫が
    また誰かを追いかけてます。となりのページには同じように
    誰かの下半身が。。
    登場する動物は分かりやすいなじみのあるものばかりで、
    娘も喜んで誰かを当てていました。
    「こどものとも012」通巻89号です。

    掲載日:2004/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット