ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

偕成社文庫 ポアンアンのにおい」 みんなの声

偕成社文庫 ポアンアンのにおい 作・絵:岡田 淳
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784035511908
評価スコア 4
評価ランキング 23,428
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は五年生

    新刊コーナーで見つけたのですが、文庫になる前のハードカバーとしてもっと以前に出されていたようです。

    ふざけあっていて飛んでとまった石鹸を探しているうちにコウモリと出会った浩。

    岡田淳さんの作品の主人公たちは高学年の男の子と女の子が出てくるパターンが(といってもまだそんなに読んだわけではなく『二分間の冒険』と『手にえがかれた物語』が読んでいて浮かびました)
    あります。

    『手にえがかれた物語』に印象として近い感じがしました。

    浩と陽子の反発し合っていても互いに惹かれている様子なのが、初恋に思えてしまうのは大人が読むからでしょうか。

    二人とコウモリを加えての三人で、ポアンアンに立ち向かうところに子どもは感情移入できるのではないかと思います。

    主人公は五年生なので、その近辺のお子さんが読むのにちょうどよい児童書です。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット