あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

シロクマたちのダンス」 みんなの声

シロクマたちのダンス 作:ウルフ・スタルク
絵:堀川 理万子
訳:菱木 晃子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年06月
ISBN:9784037265700
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「シロクマたちのダンス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人生は喜劇カモ

    子どもの話を真に受けて、学校面談で担任の先生の頭にガムをこすりつけた父親は、優しくて無口で不器用でシロクマのような存在です。
    破天荒な家族のトンデモ話は、この後一転家族崩壊に!!
    しあわせいっぱいのはずのクリスマスパーティで、母親が父親とは別の男の赤ちゃんを宿していることがわかってしまうのです。
    ラッセは母親に連れられて新しい「父親」の住まいに引っ越します。
    そこには男の連れ子の娘ロロ。
    ロロとの確執を含め、とにかく凄まじい展開です。

    勉強嫌いのラッセにとっては今までと正反対の生活。
    新しい父親(ラッセは父親として認めていないようですが)がラッセを頭のよい上品な男の子に育てようと、付き切りで指導を始めるのです。
    男にとってラッセは自分の息子同前かもしれないのだけれど、娘のロロにとっては余計な侵入者でした。
    成績は良くなっていくけれど、自分の本来の姿ではないと感じるラッセ。
    二つの家族間で、ラッセは家族とは何か、父親とは何か、自分とは何かを考え始めます。

    思春期真っ只中のラッセと父親の物語。
    スタルクの小説は、読む方もハラハラドキドキの連続で息をつく暇もないのですが、哀愁ととてもナイーブな精神表現が魅力です。
    おまけにサービス精神たっぷりのエンターテイメント。
    物語の重要な役割としてプレスリーの歌があるようですが、これだけは踏み込めませんでした。
    エルビス・プレスリーの歌、歌詞を理解できていたらもっとハートブレイクだと思います。

    高学年とお父さんにお奨めです。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット