アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

アンリくん、パリへ行く」 みんなの声

アンリくん、パリへ行く 作:レオノール・クライン
文:ソール・バス
訳:松浦弥太郎
出版社:Pヴァイン・ブックス
本体価格:\2,400+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784906700462
評価スコア 4
評価ランキング 19,844
みんなの声 総数 3
「アンリくん、パリへ行く」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読者が想像する楽しみのある作品かな

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    作品としての作りは芸術的なのに、気取った感じを受けない面白い絵本でした。

    絵と字がコラボしています。こんな表現の仕方もあったんだな〜。
    読むと、楽しいな。面白いな。って、気分にさせてくれます。
    すごいと思ったところは、
    お話の中に登場する主人公の住んでいる村の
    「パン屋のマルジェおじさん」「郵便配達のゴーギおじさん」
    「牛を飼っているクレームおばさん」「バスの運転手のジョルジュさん」には顔が描かれてところです。
    主人公のアンリくんも手や足は描かれていますが、顔は1度も描かれていません。
    これって、私の勝手な想像ですが、読み手が自由にアンリくんやマルジェおじさんクレームおばさんなどを想像していいんだよ。って、ことではないでしょうか?

    日本語訳もとっても読みやすかったです。
    文章量は少なく、絵でほとんど語ってくれている絵本ですが、この作品の面白さをちゃんと受け止められるのは、意外と年齢が上の方がよさそうです。
    小学校の高学年くらいから、中学生・高校生のお子さんたちにお薦めしたいです。

    掲載日:2013/05/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • とってもおしゃれ

    有名なグラフィックデザイナーによる作品だそうです。デザインといい、色使いといい、とってもおしゃれ。眺めているだけで心が躍ります。
    大人は大満足なのですが、子供にはイマイチ反応が鈍く、9歳の長女は「妹たちには意味が分からないのかもよ」などと生意気なことを言っていました。
    デザイン絵本ということで、インテリアの代わりに飾っておいたりしても素敵かなと思います。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • フランスふうでおしゃれ

    フランスの田舎に住むアンリくんはパリに行きたくてある日、家を出る。でも歩きつかれて昼寝している間に目印がずれて、続きを歩くつもりで戻ってきてしまう。

    違う目線で見たら自分の町にも良いところはたくさんあるはず、、、他人の芝生は青く見える、、、そういう教訓を含んでいると思います。

    なんとなくフランスのエスプリを感じさせる絵本でした。ちょっとおしゃれ。最後のせりふ「さて、アンリくんは今どこにいるでしょう」というのがなかなか日本の絵本ではない感じですね。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット