しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ローズの小さな図書館」 みんなの声

ローズの小さな図書館 著:キンバリー・ウィリス・ホルト 谷口 由美子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年07月
ISBN:9784198636425
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 四世代の物語

    四代に渡る物語ですが、断片的で深みが足りないと思いました。始まりから、無免許で車を運転したり、破天荒な展開が盛りだくさん。移動図書館をはじめ図書館、図書に関連している内容が楽しめました。
    しかし現代っ子は、生活そのものがIT化されているのですね。世代世代の社会環境の違いを感じさせられました。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ローズを含めて4代のお話

    徳間書店の新刊案内で紹介されていた本で、「図書館」とつく本ってとても興味があり読んでみました。

    父がいなくなり、干ばつで住み慣れた土地を離れて、母の故郷へ移動する時、なんと母は無免許の娘ローズ14歳に運転をさせるのです。

    その場面には目が点。ただでさえ運転が苦手な私なので、免許があってもそんな無謀な運転なんてとローズの気持ちに感情移入しました。

    とにかくローズもローズの母も勇ましいし、母の故郷で待っていた祖父も豪快そのもの。

    このお話はローズを含めて4代にわたるお話です。ローズの時代には生計をいかに立てて生きのびるかでしたが、豊かな時代になると悩みの質が違ってくるのだなあと思いました。

    どのお話も魅了的でしたが、「告げ口」の章のアナベスの決着のつけ方が小気味よく感じました。日本の同年代の女の子たちも悩みがちなクラスの中での自分のあり方の一つのヒントになるのではないかと思います。

    巻末にこの本の中で出てくる本のリストが載っていますが、『大地』『ワニのライルがやってきた』、読書好きな人ならその本の題名に一つひとつ反応して楽しいのではとも思います。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット