ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

よるくま クリスマスのまえのよる」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

よるくま クリスマスのまえのよる 作:酒井 駒子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784592760894
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,572
みんなの声 総数 135
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっぴり、ドキッ!

    少し前に『よるくま』を読んだことを覚えていて、
    「これ、おかあさんにぎゅーってするやつでしょ?」と
    反応しました。
    『よるくま』同様、食いつきがいいというほどではないけど、
    なんとなく不思議で、神秘的な雰囲気が落ち着くようです。

    サンタさんは、来てくれるか・・・
    期待と不安とが入り混じるクリスマス前のよる。
    夢うつつに聞こえてくる、「しんぱいしないで」というママの声。
    だって、ぼくはこんなに優しいいいこ。
    本当にほっとできる、暖かで優しいお話です。

    ただ、最後のページ、プレゼントの箱を持って、
    ぼくの頭をなでるのは、ママの手。
    手だけですが、あきらかにサンタさんではない・・・。
    「サンタさんて、ママなの!?」とツッコまれないか、
    ちょっぴりドキッ!としてしまいました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 我が家のクリスマスの定番です

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子6歳、男の子1歳

     クリスマスが近くなると決まって引っ張りだされる本の中でダントツで人気者なのがよるくまくんのこの本です。

     かわいいかわいいよるくまくんが、サンタさんを知らないので教えてあげるところが、ことのほか次女のお気に入りの場面で、読むと必ず「なんで知らないんだろうね」と言います。

     あんなかわいいくまのこだったら、うちにいてもいいよね、と娘達といつも話してしまいます。

     クリスマスの出来事は、子供の心にいつまでも残る想い出にしてもらいたいので、娘達にもこんなことがおこればいいな、なんて思いながら読んでいます。

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス前にはぜひ!!

    クリスマスの前のよる・・・
     「わるいこにはサンタさんはこないのかな・・・」
    と心配で眠れない「ぼく」
      
      よるくま と ぼく
    どんな クリスマスの前の夜 になるのかしら・・・


    「ぼく」の不安な気持ち → 5歳の息子も同じ
    そして私も小さい時はそうでした。
    だから きっと みんな この絵本に
    惹きこまれていくのではないでしょうか?
    そしてなんだか「夢の世界」にいるみたいな気分になる絵本です。

    可愛らしい よるくま
    ぜひ読んでみてください

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「よるくま クリスマスのまえのよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / まどから おくりもの / おばけのケーキ屋さん / よるくま / チリとチリリ / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット