ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼくのおじいちゃんのかお」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのおじいちゃんのかお 作:天野祐吉
写真:沼田 早苗
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1992年
ISBN:9784834011876
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,871
みんなの声 総数 28
「ぼくのおじいちゃんのかお」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おじいちゃんの顔にくぎづけ!

    絵本の展示会のような場に1歳の息子と参加した際、転々と絵本を出しては最後まで読まずに次の絵本へ…と集中力の続かない中、唯一この本だけは何度も繰り返し読まされました。
    1歳になったばかりの息子にも、おじいちゃんのリアルな白黒写真の顔は充分インパクトがあったようです。
    どの顔も興味津々で見ていて、何かきっかけがあるのでしょう、時々笑ったりしていました。
    大人は写真に添えられたシンプルな文章に色々考えをめぐらせ、子ども達は単純にその映像から色々思いをめぐらせる、そんな絵本なのかもしれません。
    こういう絵本は見たことがなかったので、購入しようと思ったら、買えないとは!!
    レビューを見せていただくと1歳の息子はもちろん、小学生まで幅広く楽しめる様子。ぜひ復刊していただきたいです。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • ステキ!

    おじいちゃんの表情をモノクロ写真で撮った絵本です。

    モノクロ写真とは対照的な赤字で文章が書かれているのが、印象的でした。
    笑ったり、怒ったり・・・何気ないおじいちゃんの表情が詰まった一冊で、読み終えた後は、なんだか温かい気持ちになりました。

    1歳児クラスの子ども達に読み聞かせをした時、裏表紙の絵を見て、「イタイイタイだって〜」と、おじいちゃんの頭をナデナデしていたのが印象的でした。

    乳児さんからでも十分に楽しめるオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのおじいちゃんのかお」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おかあさん、げんきですか。 / いしゃがよい / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / めっきらもっきらどおんどん / ぼくのふとんは うみでできている / 紙芝居 まことくんとおかし─偏食─

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット