くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

びくびくビリー」 あんじゅじゅさんの声

びくびくビリー 作・絵:アンソニー・ブラウン
訳:灰島 かり
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784566008465
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,620
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く
  • ほしかった

    ビリーほどではないにしても、いろいろ心配してしまう子どもだったことを思いだしました。「しんぱいひきうけ人形」をはじめてしりましたが、子どものころ知っていれば、欲しかったです。 
    そんな人形のおかげでビリーも安心かとおもえば、あらたな心配が……。ビリーのやさしさに思わずほっこり。
    子どもならではの心の世界にふれられ、自分の子どものころを思い出し、懐かしい気がしました。、

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「びくびくビリー」のみんなの声を見る

「びくびくビリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット