日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

ことりをすきになった山」 はまぼうふうさんの声

ことりをすきになった山 作:アリス・マクレーラ
絵:エリック・カール
訳:ゆあさ ふみえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784033273402
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,247
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く
  • 自然の命はめぐりめぐる

     雨や雪の冷たさしか知らなかった岩山が、一羽の小鳥ジョイが羽を休めることによって、はじめてあたたかいものにふれます。
     ときがたつにつれ、春になると一休みをしにくるジョイが来るのを待ち焦がれ、ずっといて欲しいと強く願い、かなえられない願いに耐えかねて山の心臓が爆発。かたい岩がくだけて涙があふれて川になり、ジョイがくわえてきた種が芽を出し、根を張り・・・・どんどん山がうるおい、草や木が育っていきます。
     岩山に1本の木が育ち、だんだん豊かな緑がひろがっていく姿が、エリックカールの独特のコラージュによってみごとに表現され、ひきこまれます。
     何十年?いや、何百年の時間をかけて、自然が育っていって、生き物が育つ環境になるんだな〜と思います。
     川の最初のしずくは山の涙・・・という発想が、わたしはすごく気に入っています。
     最後に何代目かのジョイがはじめて巣を作るためにやってきたというところは感動的です。

    投稿日:2008/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ことりをすきになった山」のみんなの声を見る

「ことりをすきになった山」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット