すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

きみたまさんの公開ページ

きみたまさんのプロフィール

ママ・40代・石川県、男の子6歳

きみたまさんの声

433件中 431 〜 433件目最初のページ 前の10件 40 41 42 43 44 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいいピッチ♪  掲載日:2015/6/8
こねこのぴっち
こねこのぴっち 文・絵: ハンス・フィッシャー
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
ハンスフィッシャーの絵本はとにかく絵が美しいですね。見とれてしまいます。
小さいほうの絵本のデザイン(ベージュの表紙)が気に入ったのですが、
絵を反転して載せていたりするようだったので、原画を忠実に掲載しているこちらの大判のほうを購入しました。
けっこう文章が長いお話なので大丈夫かな?と思いましたが絵を眺めながら集中して聞いていました。
うさぎ小屋にとじこめられてしまったページは絵も暗くてちょっと怖かったようですが、最後はハッピーエンドなので安心したようでした。かごにピッチをいれてベビーカーのようになったのが楽しかったみたいで、「これ、みて!」と言って目を輝かせていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 恐竜好きにおすすめ!  掲載日:2015/6/8
きょうりゅうチャンピオンはだあれ
きょうりゅうチャンピオンはだあれ 作・絵: 多田 ヒロシ
出版社: 教育画劇
恐竜好きの息子に、恐竜の絵本を探していて見つけました。
多田ヒロシさんの絵本が好きな息子なので、これは絶対気に入るだろうと確信していたんですが、みごと的中!
大のお気に入り絵本となり、保育園に通う車中にも持っていくほどです。
お話のストートリーも絵も楽しく分かりやすいです。
からだのながさ、のっぽ、ちいさい、はしるのがはやい、いちばんつよいチャンピオンをそれぞれおもしろおかしく紹介してくれています。
息子は犬のテンがワン×10回ほえるところが気にいったようでまだ文字は読めないのですが、ワンと書いてあるところをさしながら、ここ「ワンワンワン…」ってかいてあるね〜数えるように言っています。
「10回続けてほえるからテン。英語のワンからかぞえて10はテンだから」
というところでは、時間があるときは英語でワンからテンまで数えてあげます。
1から10まで数えるお勉強にもなっていいと思います。
あとテンが最後にチケットをなくしたところも、さかのぼってみるとちゃんと描かれていたりして細かいところまで楽しめる絵本です。
背表紙裏の恐竜のシルエットも大好きで、一生懸命おぼえて毎日言っています。
恐竜の絵本で、今のところ一番ハマった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も子供もハマル、シゲタワールド♪  掲載日:2015/6/8
オニじゃないよ おにぎりだよ
オニじゃないよ おにぎりだよ 作: シゲタサヤカ
出版社: えほんの杜
「カッパもやっぱりキュウリでしょ」を読んで以来、シゲタサヤカさんのファンになりました。
大人も子供もハマるおもしろさがあります。
とにかく話の筋も絵も独特。道徳的な要素はほぼないお話ですが(笑)、子供は素直におもしろいようで「おもしろい!」といって爆笑してました。
寝っころがっておにぎりをムシャムシャ食べてるだらしないおにぎりの姿がなんともいえなかったです。
最後にポ〜ッと頬を赤らめたオニの姿はとってもかわいくてクスリと笑えました。
参考になりました。 0人

433件中 431 〜 433件目最初のページ 前の10件 40 41 42 43 44 次の10件 最後のページ

楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット