ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

lunaさんの公開ページ

lunaさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男の子9歳

lunaさんの声

1750件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 可愛い  投稿日:2019/01/09
ムム〜しまちゃんのおたんじょうび〜
ムム〜しまちゃんのおたんじょうび〜 文・絵: みとなつめ
出版社: アソビシステム
息子の感想
お魚さんのパーティーがどんなパーティーか知りたかった。ムムが頑張っていたのが良かった。

お魚のパーティーに招待されたのに、そのシーン全カットは勿体ない??でも、想像の余地があると考えると楽しいかもしれません。
前作より全体的に賑やかで楽しいお話で、私も子供もこちらの方が好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 伝統文化の奥深さ  投稿日:2018/12/27
しめかざり
しめかざり 作・絵: 森 須磨子
出版社: 福音館書店
以前はただ何となく飾っていたしめ飾り。最近は飾るのも辞めていました。
でも、この本を読んでしめ飾りの意味を改めて知り、飾りたい!と思いました。
イラストもとても美しくて、見ていて楽しいです。
表紙もとてもセンスが光っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 表紙が面白い  投稿日:2018/12/26
おばけのパンこうじょう
おばけのパンこうじょう 著者・絵: オームラ トモコ
出版社: 理論社
絵本の表紙らしくなくいこの表紙に目がいきました。とても面白いと思います。
内容も息子も一緒に読んで、とても楽しんでいました。新人さんと一緒に工場見学出来ますね。
あの大きなおばけは何だったのかちょっと気になります(^^)
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 面白かったです  投稿日:2018/12/24
異常気象のサバイバル 1
異常気象のサバイバル 1 文: ゴムドリco.
絵: 韓賢東

出版社: 朝日新聞出版
ホワイトスコール、異常高温や熱中症など取り扱っていて、このままだと未来が危ないのでリサイクルとか考えて行動しないといけないと思いました。
熱射病が熱中症の中でもとても危険なので暑いところで無理をしない、遊びが楽しくて暑いところに居続けたりしないようにすることが大切だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白い  投稿日:2018/12/24
異常気象のサバイバル 2
異常気象のサバイバル 2 文: ゴムドリco.
絵: 韓賢東

出版社: 朝日新聞出版
川の渡り方や熱帯低気圧、乾燥地帯などを学びました。
1?2巻まで読んで凄いと思ったのは、ストレス解消の運動をするとうつ状態がなくなるということです。
キャラクターのうつ状態が治ってくれて良かったです。
危ない目に沢山あったけど、主人公はどんな時も大丈夫で、勉強出来る子などと頑張っていて凄かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 勉強になります  投稿日:2018/12/24
恐竜研究室 (1) 恐竜のくらしをさぐる
恐竜研究室 (1) 恐竜のくらしをさぐる 文・画: ヒサクニヒコ
出版社: あかね書房
恐竜が再ブーム中の息子へ。
かなり情報量が多く、文字量もそこそこ。ですが、イラストが非常に多いので読みやすいです。ヒサクニヒコさんの本は沢山読んでいますが本当に息子の食いつきが良いです。
集中して熱心に読んでいました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 眺める絵本  投稿日:2018/12/22
ねこだらけ
ねこだらけ 作: あき びんご
出版社: くもん出版
猫を眺める絵本です。
ストーリーは特になくて、色んな種類の猫、色んな民族や服装の猫、猫の仲間が沢山描かれています。
ブサカワの愛嬌ある猫達で、猫好きさんや小さい子向けかも。
ストーリーがないぶん、子供と会話しながら楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵が(笑)  投稿日:2018/12/21
ドラえもんの体育おもしろ攻略 マット、ボール、なわとび
ドラえもんの体育おもしろ攻略 マット、ボール、なわとび 出版社: 小学館
説明はなんとなくわかるし、息子は知らなかった競技の知識も付いて楽しく読んでいました。
これを参考に球技も楽しく出来たらいいですね。
説明するためなんですけどキャラ絵が足が長かったり逞しかったりして違和感あってちょっと微妙でしたが。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ミルキーが可愛い  投稿日:2018/12/19
動物と話せる少女リリアーネ(11) 小さなホッキョクグマ ミルキー!
動物と話せる少女リリアーネ(11) 小さなホッキョクグマ ミルキー! 著: タニヤ・シュテーブナー
訳: 中村 智子
絵: 駒形

出版社: 学研
息子がこのシリーズのファンです。
ミルキーが可愛い!と何度も言っていました。それから、相変わらずシュミちゃんがいいキャラですね。

リリアーネの異変があったりして先の展開が子供には新鮮で普段と違う面白さを感じたようでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 衝撃的  投稿日:2018/12/19
おともだち たべちゃった
おともだち たべちゃった 作: ハイディ・マッキノン
訳: 中西 史子

出版社: 潮出版社
子供の反応は、「ふっ。」と軽く笑っただけ(笑)

私はなかなか衝撃的だなと思いました。
本当に食べちゃったの?え、ラスト、えぇ?!!
という感じでした。

これはどういう思いで作られたんでしょう、気になります。
英文も掲載されているので、英語でも読んであげました。簡単なので、英語が得意でなくても大丈夫です。
参考になりました。 0人

1750件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット