イカになあれ イカになあれ イカになあれの試し読みができます!
作: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
人がイカに変身すると……? 楽しく読み進めながら、想像する力が育まれる絵本です。

みひ太郎さんの公開ページ

みひ太郎さんのプロフィール

その他の方・20代・山梨県

自己紹介
さて、この絵本ナビの本格的にスタートしたのは、2009年(平成21年)11月です。
何故、スタートしたのかは、まぜ、きっかけは、2007年(平成19年)9月ごろ(高校1年生)に書店の絵本コーナーが興味深くなり、2008年(平成20年)6月ごろ(高校2年生)になって始めて、絵本ナビの存在を知りました。そこで、絵本ナビを通して絵本と児童書の楽しさをみんなに向けて発信していきたいと思い、大学生になる2010年(平成22年)4月の5ヶ月前にこの絵本ナビ登録をしました。また、この絵本ナビを通して、いろいろな絵本や児童書を読みたいと思います。
また、私の知らないような面白い絵本や児童書があったら、是非とも読んでみたいです。
そんな大学2年生の私ですが、どうぞ、よろしくお願いします!
好きなもの
もちろん、好きなのは、児童書・絵本です!
作家としては、あきやまただし、あさのあつこ、あまんきみこ、あんびるやすこ、いしかわこうじ、いとうひろし、いもとようこ、黒井健、武田美穂、谷川俊太郎、中川ひろたか、なかやみわ、宮西達也、村上しいこ、村上康成などといった作家が大好きです。
ほかには、村上春樹などの小説も読んでいます!
その他にも色々な本を読んでいます。これからも、沢山読んでいきたいです。
ひとこと
この絵本ナビを通して、いろいろな絵本を探したいと思います。
前途の自己紹介の通り、大学生ながらも読書の楽しさを伝える為にこの絵本ナビに参加しました。

そんな私ですが、どうぞよろしくお願いします!
ブログ/HP
新しく、ブログを開設しました。絵本に関するブログです。是非ご覧ください!コメント大歓迎です!ブログを再開しましたので、今後ともよろしくお願いします。最近は絵本の事は書くのは少なめで日常的な日記が多いですがそれでもよかったら宜しくです!
ミヒペ@ウィキ(絵本の百科事典)
http://www35.atwiki.jp/mihitaropedia/
みひ太郎の本棚(上からブクログ、読書メーター、メディアマーカー)
http://booklog.jp/users/mihitaro/
http://book.akahoshitakuya.com/u/41823/
http://mediamarker.net/u/mihitaro/

みひ太郎さんの声

52件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい メガネをかける事とは?  掲載日:2013/9/9
メガネをかけたら
メガネをかけたら 作: くすのき しげのり
絵: たるいし まこ

出版社: 小学館
この絵本は、2013年の読書感想文コンクールの小学校低学年の部の課題図書です。

可愛らしいメガネをかけた女の子が可愛かったので、図書館で借りてきました。

この絵本のテーマは、「勇気」です。

主人公の女の子は、眼科で、メガネをかけたほうがいいと言われ、メガネをかけることになりました。しかし、女の子はこの事に反感を持っています。

理由は、男子に嫌がらせされたりするのではないかなとかおりこうにはなれない、可愛くなれないとか自分で考えてしまっているのです。

両親は、メガネを買いに行こうといい、買いに行きますが、それでも女の子はメガネをかけたくないと言います。

そこで、メガネを掛けるとおりこうになれたり、可愛くなれたりするのかなと思いますが本当かどうか考えています。

さて、女の子はメガネをかける勇気はあるのでしょうか?

この絵本は、勇気を与えてくれる絵本です。メガネをかける勇気とは、どんな世界が待っているのかがこの絵本でわかると思います。

温かい気持ちになりそうな絵本作品です。

何かに挑戦する人や温かい気持ちになりたい人にオススメしたい絵本作品です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 形が学べる楽しい絵本!  掲載日:2013/3/26
パッコロリン かたちであそぼう
パッコロリン かたちであそぼう 作: NHKエデュケーショナルズ 監修
出版社: 小学館
NHKEテレのミニ番組のアニメ番組「パッコロリン」がテレビ絵本です!私の大好きなミニアニメです。

この絵本はパッコロリンの三兄弟がそれぞれの自己紹介でどんな事が好きなのかもわかります。キャラクターブックみたいで、パッコロリンの三兄弟の秘密までわかります!

さて、この絵本なんですが、形を学ぶ絵本です。パックン、リン、コロンなのでそれにあった形の道具を色々と出していくというテーマの絵本です。

因みに私はリンが大好きです。理由は、形が可愛いし、元気いっぱいなキャラクターなので大好きです!もちろん、パックンやコロンも個性的なキャラクターなので大好きです!

パッコロリンのアニメを観ている方も初めてパッコロリンを知った方も形を学ぶにはオススメの絵本です!

この絵本を読んで楽しく形の勉強をしてみませんか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 謎の会社とココちゃんの片付けの物語!  掲載日:2012/3/6
アリクイにおまかせ
アリクイにおまかせ 著者: 竹下 文子
絵: 堀川波

出版社: 小峰書店
この作品は、毎日新聞社が主催する2011年度の読書感想文コンクールの課題図書の一つです。

内容ですが、主人公のココちゃんは、元気で可愛い女の子ですが、苦手なものがあります。それは、お片づけです。そんなお片づけがテーマの童話作品です。

ココちゃんは、部屋はごちゃごちゃで、片付けがなかなかできません。それで、お母さんは、毎日、片付けなさいと怒るのです。

そして、日曜日の事、今度こそ、片付けを始めようとしますが、そしたら、謎の会社の「アリクイ片付けサービス社(本文では、アリクイかたづけサービスしゃ)」という者たちがやってきて片付けを始めますが…。

謎の会社のアリクイ達と主人公のココちゃんが繰り広げる、片付けについてのエピソードが詰まった面白い物語です。

この童話のテーマの片付けですが、実は私も片付けが少し苦手ですが、この童話を読むと片付けとはどんなものかというのも自分で考えさせられる童話作品だと思いました。

また、片付けが嫌いな方もそうではない方も、面白いお話を探している方にオススメです。可愛いイラストの童話でもあるので、そんな童話を探している人にもオススメです。

是非、読んでみて下さい!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はなかっぱとみんなが協力した絆の物語!  掲載日:2012/3/6
はなかっぱアゲルちゃんげんきにな〜れ
はなかっぱアゲルちゃんげんきにな〜れ 作・絵: あきやま ただし
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
この絵本作品は、人気アニメ「はなかっぱ」のキャラクター絵本であり、アニメオリジナルキャラクターで登場した、アゲルちゃんやがりぞーなどが登場するスピンオフ作品のあきやまさんの創作絵本シリーズ「はなかっぱおともだちえほん」シリーズの作品です。

さて、ストーリーですが、アゲルちゃんが病気になって、がりぞーが困って、はなかっぱたちに行きます。そこで、「よくキク」という花の蜜を飲むと治るのに効果的だと言っていました。しかし、それには、12人で手をつなぎ、心を一つにしなくてはならないのです。

果たして、はなかっぱ達は、皆と協力して、アゲルちゃんの病気を治す事が出来るのでしょうか?

この絵本は、前途の通り、はなかっぱのアニメで登場したオリジナルキャラクターがスピンオフで出てくる絵本です。その中のキャラクターである、アゲルちゃんやてれてれぼうずが登場して、お気に入りのキャラクターが出てきて楽しいです。アニメを見ていない方でもはなかっぱシリーズが大好きな方も楽しめそうです。絆って大事だなと考える絵本でもあります。そんな、友達の絆がテーマの絵本を探している人もオススメです。

是非、読んでみて下さい!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 弟と姉の気持ちの物語!  掲載日:2012/2/24
わたしのおとうと
わたしのおとうと 作: あまん きみこ
絵: 永井泰子

出版社: 学研
この物語は、優しい気持ちの文章が得意な、あまんきみこさんの童話です。そのあまんさんが描く、姉弟の気持ちの物語です。

主人公の姉のみこちゃんは、弟のたあくんの面倒をみるのがうんざりしています。毎日、お姉ちゃんが学校から帰ってくると、いつも弟が主人公のみこちゃんにつくのが現状なのです。

そんな日が続く中、絵を描く画用紙がなくなり、取りに行くのですが…。

二人の姉弟の日常を描く物語です。

弟って何だろう?と思う方や、姉の気持ちって何かな?と感じる方には、この童話作品がオススメです!

是非、読んでみてください!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 美味しそうなスイーツと気を付けなくてはならない事の絵本。  掲載日:2012/2/24
ものすごくおおきなプリンのうえで
ものすごくおおきなプリンのうえで 作: 二宮 由紀子
絵: 中新井 純子

出版社: 教育画劇
毎日新聞社が主催する2011年度の読書感想文コンクールの課題図書の一つです。

内容は、大きなプリンの上で縄跳びをする話しですが、他のお菓子に発展していき、色々なところで、縄跳びする物語です。

しかし、最後は、地震というものも気を付けなくてはならないので、地震(阪神・淡路大震災や新潟県中越地震、東日本大震災など)にトラウマを持つ人は、あまりにも現実なので、オススメできません。

でも、この絵本自体は、悪くはないです。この絵本には、スイーツ(お菓子)が色々と登場して、色々な所で、縄跳びするのは、面白いですし、スイーツ(お菓子)が好きな人もオススメですし、かわいい絵本を探しているのもオススメです。但し、前途のとおり、トラウマを持つ方は、ちょっと読むのは、難しいと思います。

この絵本の読み次第で、色々な観点が変わってくる絵本だと思います。

是非、読んでみてください。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 食べたものの体の冒険物語!  掲載日:2012/2/24
おべんとうんち
おべんとうんち 作・絵: 石倉 ヒロユキ
訳: 辨野 義己

出版社: 幻冬舎エデュケーション
この絵本は、タイトル通り、うんちがテーマの作品です。

「おべんとうんち」は、食べた物がどの様にして、うんちになるのかが子供に分かりやすく書いている物語です。

この物語の主人公のせんいちくんは、お弁当を残さず食べて、食べた物が体の中に入り、消化される所からスタートです。そして、どんどん先に行くと、どの食べ物が変化していき、うんちに近くなっていく部分も詳しい解説付きで書いてある絵本作品です。

日頃のうんちの状態を知りたい方、子供でも大人でも健康なうんちというのは何かを知りたい方にもオススメです。

是非、読んでみてください!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愉快なくろくまくんの物語!  掲載日:2011/3/30
ともだち くろくま
ともだち くろくま 作・絵: たかい よしかず
出版社: くもん出版
たかいよしかずさんのシンプルなイラストは、私も好きです。そんな絵本が、くろくまシリーズです。

この作品の主人公のくろくまくんは、野原にある家に住んでいます。今日もいい天気で出かけます。また、この作品には、友達にきいくまくんがいて、きいくまくんは、木の上の家に住んでいるそうです。

二人は、お花畑に行ったら、くろくまくんときいくまくんと初めて出会います。そして、挨拶をしたら、近くに蝶々が飛んできて二人は、追っかけていきます。

さて、二人はどんな出来事が待っているのでしょうか?

この絵本は、タイトルの通り、友達がテーマなので、友達の絵本を探している方にもお勧めです。また、この絵本は、お花畑の絵本なので、恐らく春のだと思います。なので、春の絵本を探している方にもお勧めです。

シンプルな絵本を探している方にもお勧めです。

是非、読んでみて下さい。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい もうふくんとまみちゃんの一日  掲載日:2011/3/26
もうふくん
もうふくん 作: 山脇 恭
絵: 西巻 茅子

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
この作品は、西巻茅子さんの可愛いイラストの絵本作品です。そんな可愛いイラストの絵本が「もうふくん」です。

このタイトルの「もうふくん」は、まみちゃんの持っている毛布の愛称であり、もうふくんは持ち主のまみちゃんという女の子が赤ちゃんの頃から愛用している毛布の事だそうです。

ストーリーですが、まみちゃんは、風邪で園をお休みしていました。ようやく元気になったその日、もうふくんがまみちゃんの事を心配してついていくと言っていますが、まみちゃんは、それについて拒否をしますが、もうふくんは、まみちゃんを覆ってしまって動けなくなってしまったので、結局は一緒についていくことになりました。

そして、まみちゃんは、もうふくんを園に持ってきました。そしたら、元気にもうふくんは、動きます。そして、色々と園で人気者になりますが…。

もうふくんとまみちゃんと園児たちはどんな事になるのでしょうか?

この絵本のポイントは、毛布が好きな子供に読んでおきたい一冊です。この絵本は、寒い時期に読むのがぴったりです。もちろん、そうでない時期でも、読んでもいいと思います。

是非、読んでみて下さい。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 苦手は誰でもあります  掲載日:2011/3/11
チコちゃんこまったこまったね
チコちゃんこまったこまったね 作・絵: たんじあきこ
出版社: ほるぷ出版
私も好きなたんじさんの絵本作品です。

このストーリーは、女の子のチコちゃんが主人公の絵本作品です。

チコちゃんたちの前には、色々な動物たちがチコちゃんの帰宅を邪魔します。しかし、チコちゃんには得意技が会って、それを避けて通ることができるのです。

しかし、チコちゃんには、実は苦手なものがあるのです。それは…。

そんな、得意もあるけど、苦手もあるという絵本がこの「チコちゃんこまったこまったね」です。

苦手は誰にだってあります。そんな気持ちを考えたいと思う方に是非とも読んでおきたい一冊だと思います。

苦手を自分自身で見つめなおす為にもいい絵本かもしれません。

是非、読んでみて下さい。
参考になりました。 2人

52件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中