新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

  • 児童書
文: アストリッド・リンドグレーン サラ・シュワルト
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,530

クリスマス配送につきまして

「リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年03月18日
ISBN: 9784000220859

中学生から
四六判・上製・カバー・286頁・口絵8頁

出版社からの紹介

人気作家リンドグレーンには、たったひとり、手紙を交わし続けた少女がいました。少女の名前はサラ。最初にリンドグレーンに手紙を出したのは12歳のとき(1972年)でした。当時文通はすべて断っていたリンドグレーンですが、感情の起伏そのままをぶつけたサラの手紙に、ほっておけないものや、何か才能を感じたのか、返事を書きます。それからなんと、ふたりのやりとりは80通以上にわたり、長い間、友情は続きました。

 サラの手紙は率直で荒削りでときに乱暴ですが、悩み多き思春期の心の揺らぎが卓越した表現力で語られます。

 一方、リンドグレーンは、そんなサラを愛しく思いながら、彼女の繊細で荒んだ心を包むようにはげまし、ともに悩み、ユーモアを持って対等に接します。そこには、リンドグレーン自身の生き様や心情、作品への想いも映し出されていきます。

 ふたりの女性が信頼を寄せ合いながら、本音で交わした書簡をそのまま収録しました。時を経て生まれた、奇跡のような1冊です。ぜひご覧ください。

ベストレビュー

忘れていたものがある。

リンドグレーンの作品をよく読む娘の語彙の中に、「スウェーデン」も加わりました。私「寒いところに行くよ!」 娘「スウェーデン?」という具合に。

こんな良質な、子どもをも引きつける作品を作り出す作家さんはどんな人柄なのだろうか、とふと思い、読んで見ました。
その人柄は期待を裏切りません。良かった!
読んで、ますますその作品に信頼を寄せるようになりました。

この作品を読むと、ほんとうの心のふれあい、というものは、こういうものであって、なかなか経験できないものなのだ、と尊く思いました。ふたりの出会いは、本当の魂のふれあいだったと感じます。

普段の生活の中で、忘れていたものを教えてくれました。
(おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

山賊のむすめローニャ / 名探偵カッレ 危険な夏の島 / やかまし村はいつもにぎやか / 名探偵カッレ 地主館の罠 / やかまし村の春夏秋冬 / 名探偵カッレ 城跡の謎

石井 登志子さんのその他の作品

ロサリンドとこじか / やかまし村の子どもたち / 決定版 長くつ下のピッピの本 / リーサの庭の花まつり / リンドグレーンの戦争日記 / ひみつのいもうと


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学、その他 > リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

2021年11月の新刊&おすすめ絵本

リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット