ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おへそものがたり 自然とあそぼう 植物編
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おへそものがたり 自然とあそぼう 植物編

  • 絵本
構成: 中嶋 博和
絵: 村松ガイチ
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おへそものがたり 自然とあそぼう 植物編」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年03月
ISBN: 9784540861222

A4変 40頁

出版社からの紹介

マメのたねをみると、おへそがあった。トウモロコシにも、イモにもあった。たねにはみんなおへそがある。おへそがあるからたねはみのる。植物のタネとそれを育てる草木。命の連続を身近なところから発見させる。

ベストレビュー

植物にも“おへそ”があった。

「自然と遊ぼう」植物偏というシリーズの1冊です。
なので、タイトルには“おへそ”とありますが、このおへそは人の身体のモノを指すというより、植物が持っているおへその話になっています。
実は植物には“おへそ”があったんですね〜。この本に出合うまで、そこが“おへそ”だという認識がありませんでした。

なかなか面白い目線でとらえている科学絵本でした。
シリーズものなので、また別の作品も読んでみたいと思います。
絵もはっきりしていますし、大きめなサイズの絵本なので、読み聞かせにも使えそうです。読んであげるなら、小学校4,5年生くらいにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村松ガイチさんのその他の作品

ワザあり!大工



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

おへそものがたり 自然とあそぼう 植物編

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット