虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
マウスさん一家とライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マウスさん一家とライオン

  • 絵本
  • 児童書
作: ジェームズ・ドーハティ
訳: 安藤 紀子
出版社: ロクリン社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年05月30日
ISBN: 9784907542450

判型:A5判 上製
80ページ

出版社からの紹介

仲良しのマウスさん一家。
ある日ピクニックに行った所、寝ているライオンに出会いました。
つい起こしてしまい、食べられそうになってしまいますが、
やさしいライオンは見逃してくれます。
そんなやさしいライオンが、人間に捕まってしまったところに、
マウスさん一家が出くわし──。

世界じゅうのあらゆるところで、たくさんの人たちが、
おたがいに腹をたてています。
なんとかしなければなりません。
動物も人間も、そして国どうしも
好意と友情をはぐくみあえますよう、
願いをこめて
───ジェームズ・ドーハティ(献辞より)

ベストレビュー

不思議な友人

このお話は、ひょんなことから友達になったネズミの家族と一匹のライオンとの友情のお話でした。ある日このライオンが罠にかかってしまったのをこのネズミの一家が全力で助けていたのですが、うちの子は大きなライオンが小さなネズミたちに助けられているのが不思議な感じがしたみたいでした。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安藤 紀子さんのその他の作品

いたずらトロルと音楽隊 / ハッピーハンター / ちいさなうさぎのものがたり / 7つの怖い夜ばなし / みみずくのナイトとプードルのデイ / クリスマス


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > マウスさん一家とライオン

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

マウスさん一家とライオン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット