くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子3歳

ぼんぬさんの声

937件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う このシリーズが気に入っています。  投稿日:2020/05/23
きょうはピクニック
きょうはピクニック 作: 原 京子
絵: はた こうしろう

出版社: ポプラ社
ベアールとタタン、大の仲良しの2人がお料理番組を観て、ドーナツを作ります。せっかくだから、ドーナツ持ってピクニックへ行こう!といいつつ、できたてドーナツを1つまた1つと食べてしまうところは、笑えました。やっとピクニックにでかけと思ったら、ハプニング!ここからがこのシリーズの面白いところ。4歳の娘にこの本のシリーズのボリュームは多い方ですが、展開が毎回面白く、長さを感じさせません。読み終わった後に、ストーリーについて親子で盛り上がるのもまた楽しいです。はたこうしろうさんの絵が大好きな娘はこのシリーズもお気に入りです。冒険ものが好きな子にもオススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身近な野菜を深く知る。  投稿日:2020/05/21
しぜんにタッチ! おどろきいっぱい!トマト
しぜんにタッチ! おどろきいっぱい!トマト 監修: 野口 貴〈(財)東京農林水産振興財団〉
写真: 榎本 功 ほか

出版社: ひさかたチャイルド
子どもと一緒にトマトを育てています。その過程で上手に説明出来たら・・と思っていたところに、ちょうどこの本がピッタリでした。トマトを育てていると毎日の変化は分かりにくく伝えにくいものですが、この本のおかげで今どの工程にいるのか今後どうなっていくのかが伝えやすく、トマトそのものの知識もグッと深まります。この本のテーマが身近な野菜というのも良いと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で一緒に。  投稿日:2020/05/21
4歳のえほん百科
4歳のえほん百科 監修: 榊原 洋一
出版社: 講談社
4歳の子どもに知っておいてもらいたいことが一通り載っています。子ども自身にとって無理なことではなく、ほんの少し意識すれば出来るような道徳的なことや知識なので、一緒に絵を見たり読んだりしながら、楽しく読み進められます。4歳ではこのぐらいのことが分かっていればいいのかという目安にもなり親としては安心感もあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食べ物が生き生きと、楽しい絵本  投稿日:2020/05/21
あっちゃんあがつく たべものあいうえお
あっちゃんあがつく たべものあいうえお 原案: みね よう
作: さいとう しのぶ

出版社: リーブル
ひらがなに興味を持ち始めた頃に読むとより一層楽しめると思います。たべものがテーマで統一されていて食べ物に興味のある我が子はこの絵本に釘付けになりました。どの食べ物も生き生き描かれていて、読み終えた後もなんだか気持ちが良いです。リズム良く読めるのも、楽しめる理由の1つだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズに夢中です。  投稿日:2020/05/20
わんぱくだんのかいていたんけん
わんぱくだんのかいていたんけん 作: 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
このシリーズ、4歳になったばかりの娘が夢中になっています。読み聞かせにも一人読みにもぴったりです。庭のプールがドルフィンランドに早変わりです。このシリーズではただ面白い楽しいだけでなく、環境問題も取り入れ、気付きを与えてくれます。想像力が豊かになる時期にこのシリーズに出逢えて良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズに夢中です。  投稿日:2020/05/20
わんぱくだんのたからじま
わんぱくだんのたからじま 作: ゆきの ゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
このシリーズ、4歳になったばかりの娘が夢中になっています。読み聞かせにも一人読みにもぴったりです。海賊を知らなかった娘に、海賊や宝島のことを話す機会が出来て良かったです。このシリーズではただ面白い楽しいだけでなく、環境問題も取り入れ、気付きを与えてくれたり想像力が豊かになります。女の子でも冒険ものが好きなんだと気づかせてくれた1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はじめての学習にオススメです。  投稿日:2020/05/19
はじめてのちきゅうえほん
はじめてのちきゅうえほん 著者: てづか あけみ
監修: 斎藤 紀男

出版社: パイ インターナショナル
地球ってなに?という初めて地球について知る際に読みました。カラーのイラストが多くかつポイントが押さえられていて、小さい子どもにも取っ付きやすいと思います。
自分の子どもの頃にこの本に出会えていたら、もっと楽しく学べていただろうなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世代を超えて愛される絵本  投稿日:2020/05/16
ふらいぱんじいさん
ふらいぱんじいさん 作: 神沢 利子
絵: 堀内 誠一

出版社: あかね書房
子どもの頃大好きだった絵本を子どもに読ませることが出来る時が来てとても嬉しいです。古くなった、ふらいぱんじいさんが旅に出て世界はなんて広いことを知り、動物たちと出会いハプニングがあり、旅を続けるというお話。寝る前に複数冊読むことにしているので、1冊一気には読めませんでしたが、途中カラーの挿絵ページもあり、子どもも楽しんでくれたようです。冒険ストーリーは男の子だけでなく、女の子も楽しめることを証明してくれるような1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゲーム感覚で学習できる。  投稿日:2020/05/16
たしざんカード(新装版)
たしざんカード(新装版) 出版社: くもん出版
フォントが大きく幼児から使えます。例えば「今日は足して8になるカードと9になるカードだけにしよう。」とカードを選別して使ったり、慣れてきたら、ランダムにして「今日は○枚」と日課にしたり、理解度に合わせた使い方が出来ます。またカードだと、どの問題が理解できていて、理解できていないのかが一目瞭然。子ども自身にも出来た問題と出来なかった問題が明確に分かるよう、カードをめくった後に置く場所を分けさせ、出来ていないカードを繰り返し解かせるようにしています。集中力の続かない幼児さんでも、ゲームを楽しむような感覚で、取り組めます。しかし絵などが一切ないので、我が家の場合、短時間で切り上げないと嫌になるのも事実です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもが夢中になる。言葉を覚えるのにも一役かっています。  投稿日:2020/05/16
さがしてごらん 100にんかくれんぼ
さがしてごらん 100にんかくれんぼ 作・絵: せべ まさゆき
出版社: 偕成社
2歳頃によく読んでいました。間違い探し感覚で見て楽しめる絵本です。たくさんこのような絵本はありますが、特に幼児さんにオススメしたい本です。というのも、「帽子の色が違うね」「メガネをかけているよ」「○○を持っている人を探そう」などなど、一人で見つけ出すのが難しい年齢でも、親子で会話しながら、同時に語彙も増やせるというメリットがあるからです。ぜひ、大人の方も一緒に楽しんで下さい。
参考になりました。 0人

937件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット