新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ

TOP500

ぼんぬ

ママ・40代・北海道、女の子7歳 女の子3歳

  • Line

ぼんぬさんの声

2922件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい シリーズでお気に入りです。  投稿日:2023/05/23
つかめ!理科ダマン(3) 科学でナゾを解き明かせ!編
つかめ!理科ダマン(3) 科学でナゾを解き明かせ!編 絵: ナ・スンフン
原作: シン・テフン
訳: 呉 華順

出版社: マガジンハウス
シリーズで買って読んでいます。科学を身近に感じられるようです。マンガがメインですが、本の中で「つかめ!理科の常識」に身につく知識があり、ためになるそうです。低学年の娘が興味を持って理科的知識に触れられるシリーズです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい マンガで学ぶ日本の歴史  投稿日:2023/05/16
集英社 コンパクト版 学習まんが 日本の歴史(2) 律令国家をめざして
集英社 コンパクト版 学習まんが 日本の歴史(2) 律令国家をめざして 絵: あおきてつお
原作: 星井 博文
監修: 仁藤 敦史

出版社: 集英社
2では、飛鳥時代における仏教の伝来、大化改新、壬申の乱、そして律令国家への流れが描かれています。写真や、歴史用語の説明もあり、歴史に初めて触れるお子さんにも分かりやすいと思います。マンガであれば、何度も読み返すので、徐々に歴史への理解を深めてもらえたらと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議なグミ  投稿日:2023/05/03
魔女のうらないグミ
魔女のうらないグミ 作: 草野 あきこ
絵: ひがし ちから

出版社: PHP研究所
弟のリュウタに大切なキーホルダーを失くされて怒ったタケルは、リュウタが嫌がることばかりでてくる「うらないグミ」をつくりました。リュウタが箱をふると「病院にいくよ」というグミが出てきます。魔女との出会いが不思議な世界へと導くこのシリーズは子どものお気に入りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こうなりたいと強く願う背景に努力があった。  投稿日:2023/05/03
願いがかなうふしぎな日記
願いがかなうふしぎな日記 著: 本田 有明
出版社: PHP研究所
おばあちゃんから「書くと望みがかなう」日記帳をもらった光平。両親に仲直りしてほしい、泳げるようになりたい。そして、光平にはどうしても実現させたい願いがありました。
言霊の様に、自分で口にしたことや、文字に起こしたことが現実になる不思議な日記。
光平が嘘にしないために書き、自分で願いを叶えていく。
言霊というのはあるけれど、その背景には彼自身の努力があり、その努力と、こうなりないと強く願うことにより、実現していくことができる。そう訴えかけるお話なのだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仲直りってどうすればいい?  投稿日:2023/05/02
しゅくだいなかなおり
しゅくだいなかなおり 作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所
しんごと鉄道公園へ行く約束をしていたまこと。しかし、しんごは、約束の時間になっても現れませんでした。しんごが「ごめん」と言ってくれさえすればまことは許すつもりでいたけれど、しんごは何も言わず…。仲直りって、どうやってすればいいんだろう?子どもの視点で描かれたこのシリーズは、子ども自身の日常生活にヒントとなることもあると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しゅくだいシリーズ、オススメです。  投稿日:2023/05/02
しゅくだいがっしょう
しゅくだいがっしょう 作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所
今日の音楽の授業は、学習発表会で歌う歌の練習です。しかし、人前で歌うことが恥ずかしいあゆみは、声を出さずに歌っているふりをしていました。それを友達のゆりちゃんに知られてしまいます。誰しも苦手なことがあると思います。どのようにして、目の前の課題や壁を乗り越えれば良いのか、子ども自身がこの本から学び、頑張り抜く勇気をもらえるのかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おすすめのシリーズです。  投稿日:2023/05/02
10歳までに読みたい世界名作(28) ロスト・ワールド 恐竜の世界
 10歳までに読みたい世界名作(28) ロスト・ワールド 恐竜の世界 絵: 藤城陽
原作: コナン・ドイル
編集・訳: 芦辺拓
監修: 横山 洋子

出版社: Gakken
チャレンジャー教授一行が、山奥にある秘密の場所で見たものは、巨大な恐竜たちが大地を歩きまわる姿でした。一行はこの世界から帰れるのでしょうか?折り込みのお話図解「物語ナビ」が付いているので、様々な情報が頭の中で整理出来るので、より深く理解しながら読み進めることができます。おすすめのシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しゅくだいシリーズオススメです。  投稿日:2023/05/02
しゅくだいとびばこ
しゅくだいとびばこ 作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所
3週間後の運動会の種目に、6段のとび箱を3年生全員で跳ぶという、とび箱の競技がある。たくさんの人の前で、もし僕だけが跳べなかったらどうしよう。やっと4段が跳べるようになったばかりのぼくは、最初からあきらめモードです。目の前の課題や壁にぶつかった時、どうすれば良いのか、子ども自身が共感出来る内容だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のどかな田舎の風景  投稿日:2023/05/01
ぼくとお山と羊のセーター
ぼくとお山と羊のセーター 作: 飯野 和好
出版社: 偕成社
山間のたった3軒だけの集落で育った著者の少年時代を描いた内容です。自給自足の生活の中で、育てた羊の毛で作ってもらうセーターを心待ちに過ごした1年を、四季の変化とともに描かれています。この本で描かれている田舎の風景は時の流れを忘れさせてくれるようです。低学年のお子さんや一人読みを始めたお子さんにおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まゆのシリーズはどれも等身大の姿で子どものお気に入り  投稿日:2023/05/01
まゆとおおきなケーキ やまんばのむすめ まゆのおはなし
まゆとおおきなケーキ やまんばのむすめ まゆのおはなし 作: 富安 陽子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
やまんば山に春が来て、やまんばかあさんと娘のまゆは、山のみんなを招待して春のバーティを開くことになりました。まゆは世界一大きなケーキを作ろうとはりきります。オーブンではなく、おひさまの熱で膨らむケーキというのも素敵です。「ぐりとぐら」を思い出しました。いつも、まゆのそばにいるキツネも可愛らしいです。まゆのシリーズはどれも等身大の姿で子どもらしさが描かれており、娘のお気に入りです。
参考になりました。 0人

2922件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット