新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
徳川家康

徳川家康

  • 絵本
監修: 山本 博文
カバー・表紙: 平松 禎史
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥935

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年06月
ISBN: 9784041039762

四六判/単行本 160ページ

出版社からの紹介

新たな伝記まんが『まんが人物伝』誕生! 江戸幕府を開いた徳川家康!
天下泰平の江戸時代265年の基礎を築いた家康。人質だった子ども時代、織田信長・豊臣秀吉に仕えた武将時代…苦難の連続の末、天下分け目の戦いに勝利し、ついに天下人となるのだった…!

■『徳川家康』監修 山本博文先生のポイント紹介
今川家から自立た徳川家康は、織田信長の同盟者として力を付けていきます。信長の死後、豊臣秀吉に服属した家康でしたが、秀吉死後、関ヶ原の合戦に勝利したことで、江戸に幕府を開くことになります。今回の人物伝では、今川家人質時代から大坂の陣で豊臣氏を滅ぼすまでの家康の行動とそれぞれの時期の家康の考えが理解できるように描かれています。自分が家康なら、この時どうしたかを考えながら読んでください。

■目次
第1章 織田信長との出会い
第2章 清洲同盟
第3章 人生最大の負け戦
第4章 天下分け目の合戦
第5章 さらば戦国の世

ベストレビュー

コンパクトサイズなのも魅力なシリーズ。

角川の歴史漫画は、ソフトカバーで小さめなので、持ち運びや収納にもとても便利でいいですね。
まだ新しいシリーズなので、これからどんな人物の伝記が出てくるかも楽しみでもあります。
まずは、戦国時代の織田信長・豊臣秀吉・徳川家康から読んでいくのもいいかもですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 博文さんのその他の作品

「関ヶ原」の決算書 / 角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻+別巻4冊定番セット / 東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑 / 徳川秀忠 / JC大江戸〜東京 都市形成の不思議と謎 / 東大教授がおしえる 忠臣蔵図鑑



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

徳川家康

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット