アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
千年の田んぼ 国境に島に、古代の謎を追いかけて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

千年の田んぼ 国境に島に、古代の謎を追いかけて

  • 児童書
著: 石井 里津子
出版社: 旬報社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月01日
ISBN: 9784845115198

四六版/192ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

秘境の離島に日本最古の田んぼ?
いったい誰が? なんのために?
大地に刻まれた奇跡の風景≠フ謎を解く旅がはじまる——

山口県見島。
日本海の荒波に浮かぶ国境の小島に、
15ヘクタールもの広大な水田が広がり、
約100個もの小さな溜池が点在している。
その不思議な光景に惹かれて島を訪れた著者は、
やがてそれが7世紀中央政府の手による
「条里田」ではないかと考えるようになる。
現存する条里田だとすれば、まさに奇跡の田んぼ。
しかし、なぜそんな国家事業をこの小さな離島で?
いったい誰の手によるものなのか?
隣接する古墳群が意味するものは?
古代史の謎を解き明かしながら、
日本人と稲作の深い関わりに迫るノンフィクション。

【2017年度 全国学校図書館協議会選定図書】

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

千年の田んぼ 国境に島に、古代の謎を追いかけて

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット