話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
わたしのおじさんのロバ

わたしのおじさんのロバ

  • 絵本
作: トビー・リドル
訳: 村上 春樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年12月
ISBN: 9784751528464

小学校低学年
サイズ:26.7×23.2cm/ ページ数:32頁

出版社からの紹介

おじさんとロバ。そのふしぎな暮らしを描いたオーストラリアの絵本

「ロバの顔や仕草がなにしろとてもすてきですね。見ているだけで飽きない」
−村上春樹「訳者あとがき」より

ベストレビュー

まるで長年連れ添った連れ合いみたい♪

叔父さんのロバは、まるで長年連れ添った連れ合いみたいだなあと思いました。いつも隣にいるからまるで夫婦みたいで空気くらいに感じていると思いました。ロバには、自分の居場所があって靴下と手袋をして、叔父さんもマフラーと手袋と靴下をして二人でソファーに並んでいる姿にはなぜだか不思議に思わないで自然に見えてしまうのは私だけでしよか?言葉が話せなくても隣にいてくれるだけでもいいなあと思いました。(笑)
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 春樹さんのその他の作品

村上T 僕の愛したTシャツたち / その日の後刻に / 猫を棄てる 父親について語るとき / 水底【みなそこ】の女 / ジュマンジ / みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子 訊く/村上春樹 語る


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > わたしのおじさんのロバ

4月の新刊&オススメ絵本情報

わたしのおじさんのロバ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット