まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おすなばぼしのぴっぴかりん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おすなばぼしのぴっぴかりん

  • 絵本
作: さくらともこ
絵: 米山 永一
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おすなばぼしのぴっぴかりん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

おすなばぼしのぴっぴかりんは、どろんこ遊びが大好きです。今日も砂場でいろんなものをつくって遊んでいます。夢中で遊んでいるうちに、ぴっぴかりんは、どろだらけになってしまいました。おとうさんとおかあさんは、ぴっぴかりんにお風呂に入るように言うのですが、ぴっぴかりんは言うことを聞かずに逃げ出します。

 走って逃げているうちに、転んで、ごろごろころがって、身体中どろだらけのくろまるだんごに変わってしまいました。おとうさん、おかあさんでさえ、自分だとは気がついてくれないので、ぴっぴかりんは悲しくなって泣き出します。

 そこでおとうさん、おかあさんは、くろまるだんごのぴっぴかりんをお風呂に入れることにしました。お風呂に入って、身体を洗うともとのぴっぴかりんに戻りました。

 お風呂に入って身体をきれいにすることで、とてもいい気持ちになれることを伝える絵本。しつけを扱った「ほし」シリーズの第3弾です。

ベストレビュー

子どもの夢中に遊ぶ姿っていいですよね。

おすなばぼしに住んでいるぴっぴかりんは、お砂場遊びが大好きな元気な男の子です。泥んこ坊やになって遊びます。ところが、お風呂が嫌いなぴっぴかりん。お父さんお母さんから逃げてるうちに、お顔がすっぽりお砂で埋もれて、ぴっぴかりんであることが分からなくなるほどです。お父さんお母さんにも気づいてもらえない、ぴっぴかりん。なかなか子どもが事を親のいう事を聞いてくれなくて困っている。というご家庭にぴったりな絵本ではないかなと思います。
ずっと遊んでいたいぴっぴかりんをお父さんお母さんの優しい眼差しで見守る姿がとても素敵です。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さくらともこさんのその他の作品

Green Pepper Man with the Green Cape グリーンマントのピーマンマン / ほんじつまんいんぽんぽこじゅく

米山 永一さんのその他の作品

みんなでやろう ジャックとまめのき / やさいのはっぴょうかい おおさわぎ / やさいのえんそくおおさわぎ / やさいのクリスマスおおさわぎ / ノッポさんのえほん(1) はしれ こうま / どろんこだいすきモクモクだい!



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

おすなばぼしのぴっぴかりん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット