まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
講談社青い鳥文庫 大草原の小さな家(2)(新装版)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫 大草原の小さな家(2)(新装版)

  • 児童書
作: ローラ・インガルス・ワイルダー
訳: 小玉 知子
絵: 丹地陽子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月
ISBN: 9784062853156

新書/336ページ

出版社からの紹介

NHKテレビシリーズによって、日本でも認知度を高めた人気名作が、青い鳥文庫新装版として8月に刊行、続く第2弾の登場です。今から150年以上も前、南北戦争が終わりを告げたアメリカで、新しい生活への期待に充ち満ちていた人々が未開の大地を目指して移住していく中、ウィスコンシン州の大きな森に小さな家を建てて暮らし始めたローラたちインガルス一家は、その後多くの人間が森に移り住んできたことで、それまで保たれていた自然との一体感が薄れてしまい、さらなる新しい天地を求めて西部の大草原へ旅立つことを決意します。しかし、馬車に乗っての旅は何十日にもわたり、ようやく辿り着いた大草原でも一家を次々とアクシデントが見舞います。それでも家族の誰一人としてくじけることなく力を合わせて毎日を生き抜いていくのです。どんな過酷な状況のもとでも好奇心を失わない少女の成長と、日々絆を強く結んでいく家族の姿が時代を超えて感動を呼ぶ名作シリーズ。

ベストレビュー

森から大草原へ。

森から大草原へ移住を決めたインガルス一家のお話です。
小学生にも読みやすい文庫本になっているので、小学生の読書にもぴったりに思いました。
森に暮らしとどんなふうに変わるのかな?
と前作を読んでいたら、そんな比較的な楽しみも味わえるのではないでしょうか!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローラ・インガルス・ワイルダーさんのその他の作品

小さな家のローラ / 森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / 講談社青い鳥文庫 大きな森の小さな家(1)(新装版) / 角川つばさ文庫 大草原の小さな家 / この輝かしい日々

小玉 知子さんのその他の作品

トゥルー・ビリーヴァー / 3びきのかわいいオオカミ(大型しかけえほん) / レモネードを作ろう / 草原のサラ / よくばりくつや

丹地陽子さんのその他の作品

薫風ただなか / 星を見あげたふたりの夏 / ポプラ世界名作童話(16) オズの魔法使い / 透明犬メイ / ポプラ世界名作童話(3) 小公女 / あの花火は消えない


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 外国文学小説 > 講談社青い鳥文庫 大草原の小さな家(2)(新装版)

中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

講談社青い鳥文庫 大草原の小さな家(2)(新装版)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット