話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの

  • 児童書
著: 濱野 京子
絵: 森川 泉
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年11月15日
ISBN: 9784251044372

小学高学年
189ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

本好きの達輝はクラスでは目立たないが、図書館では本の知識や紹介で大活躍。「学校とキャラ違くない?」と彩友に驚かれ、「本探し」を頼まれる。サッカーが上手い令央が図書館で天井を見上げて座っているのを見た達輝はスポーツの物語を薦めてみる。貸した本を汚してしまった令央が謝り「もう図書館に来ない」と駆け去った後、思わぬ事情を知った達輝は…。本にしか興味のなかった達輝の、ひと夏の出会いと友情の物語。

ベストレビュー

図書館の持つ、無限の可能性

一昔前の「サビの歌詞がそのままタイトルになってる・・」じゃないけど
内容と違わぬ、イメージ通りの内容のお話でした。

小学生の男の子が、
夏休み中にすごした図書館で、
本だけでなく、いろんなものを見つけます。
友情、家庭環境の問題、もちろん、素敵な本との出会い・・。

こんな図書館が近くに会ったらいいなぁと思うような
素敵な図書館で、
そこにいる(描かれている)司書さんが、また素敵なんです。
その司書さんの
「図書館に来る人が本に興味がなくてもいいと思ってる。
それでもここにたくさんの本があることがとても大事」
というセリフは、とても光ります。

『そこに本がある』
それは、いろんなものへの出会いの扉が、そこにあるということだと思う。
いつもそこにあって、どんなときにも迎え入れてくれる存在を感じました。

図書館利用の指南書にもなりそうな一冊です。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


濱野 京子さんのその他の作品

じりじりの移動図書館 / 県知事は小学生? / 南河国物語 暴走少女、国をすくう?の巻 / 谷中の街の洋食屋 紅らんたん / この川のむこうに君がいる / ぎりぎりの本屋さん

森川 泉さんのその他の作品

10分あったら・・・ / ビブリオバトルへ、ようこそ! / ピッチの王様(4) 勝利のゆくえ / ピッチの王様(3)チャンスをつかめ  / アカシア書店営業中! / ピッチの王様(2) キケンなわな


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット