話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
桜の木の見える場所

桜の木の見える場所

  • 児童書
著: パオラ・ペレッティ
訳: 関口 英子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月20日
ISBN: 9784092906259

高校
304ページ

出版社からの紹介

少しずつ見えなくなる恐怖と闘う勇気の物語

子どもだれだって暗やみがこわい。
でも、マファルダがこわいのは、目のなかにある暗やみだ。
真っ暗闇が訪れるまで、長くてもあと半年--。

ある日、9歳のマファルダは、少しずつ視力が失われる難病と診断される。
目が見えなくなるってどういうことだろう?
目隠しして歩いてみる。暗やみでも歩けるのかどうかを試してみたかったのだ。
暗やみでくらすようになったら、どうすれば色がわかるのだろう?
不安は、どんどんふくらんだ。
それから、マファルダは、やっておきたいことのリストを作り始めた。

少しずつ見えなくなっていく、失明の恐怖を、少女の一人称で語られる物語は、読む人の心を打つ。
作者自身の体験にもとづいた、生に対する痛いほどの愛情がこめられた、感動の物語。




【編集担当からのおすすめ情報】
デビュー作にもかかわらず、書き上げた後のフランクフルトブックフェアで24か国語に版権が売れた超話題作。子どもがかかる難病のひとつで、徐々に目が見えなくなっていく“スターガルト病”に、作者自身の実体験を元に、書き上げた渾身の作品。

ベストレビュー

読んでいて苦しい。

題名だけ見たら、とても、こんなに残酷で悲しい出来事の話には思えませんでした。
これは子供だけではなく、大人だって怖いです、真っ暗闇の世界になってしまうなんて。
でも、主人公の少女は前向きで本当に素晴らしい。
自分にできること、自分を受け入れるとこ、色々なことを考えさせられる1冊に思いました。
そして一番想ったことは、難病を治す医療がこれから開発されていってほしいということです。
誰もが健康ならいいのにとすごく思います。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

関口 英子さんのその他の作品

どれもみーんなアントニオ! / 梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし / 靴ひも / 最後の手紙 / ぼくたちは幽霊じゃない / イクバル 命をかけて闘った少年の夢


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 桜の木の見える場所

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

桜の木の見える場所

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット