新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

論理仕掛けの奇談 有栖川有栖解説集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

論理仕掛けの奇談 有栖川有栖解説集

著: 有栖川有栖
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「論理仕掛けの奇談 有栖川有栖解説集」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年11月30日
ISBN: 9784041088142

320ページ

出版社からの紹介

マン・ツー・マンで読書会をしている気分を
味わっていただけるとうれしい。
             有栖川有栖 (<前口上>より)

 
松本清張、アガサ・クリスティー、エラリー・クイーン、綾辻行人、皆川博子・・・・・・。
本格ミステリのプロフェッショナルが愛を持って執筆した、宝石のような名作の解説を47本収録! 
有栖川有栖作家デビュー30周年を飾る記念碑的解説集!!

「面白そうだ」と思う未読の作品があったら、ぜひご一読を。
本書が読書ガイドの役目も果たせたら幸いと言うしかない。 (<前口上>より)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


有栖川有栖さんのその他の作品

インド倶楽部の謎 / 濱地健三郎の霊なる事件簿 / おろしてください / 46番目の密室 〈限定愛蔵版〉 / カナダ金貨の謎 / 闇の喇叭


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 論理仕掛けの奇談 有栖川有栖解説集

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット