話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

だいじなものは?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいじなものは?

文: 梅田 佳子
絵: うめだゆみ
出版社: 新日本出版社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だいじなものは?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年09月21日
ISBN: 9784406033145

幼児〜小学校低学年

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

台風です。家がミシミシなっています。「たいへん!」おねえちゃんとななちゃんは、だいじなものをリュックにいれておくことにしました。シール、ハンカチ、ぬいぐるみ……。「おかあさんも、だいじなものあつめたら?」ゆみちゃんがきくと、「もうそろってるわ」おかあさんが笑って指さしたのは……。


ベストレビュー

ママのだいじなもの

すえっこななちゃんシリーズの1番新しい絵本です。

大きな台風が近づいてきました。
かぜがもっと強くなって屋根が飛んじゃったら大変だということで、ななちゃんとおねえちゃんはだいじなものをリュックにいれてベッドの船に避難します。
ママにだいじなものは?と聞くと、それは、ななちゃん、おねえちゃん、おにいちゃん、パパの家族なのでした、というお話です。

私自身の1番だいじなものもやはり家族だと思います。
娘にどんなに彼女が私にとって大切な存在なのかを伝えたいと日々思っていますが、なかなかそれは難しいことと思います。
この絵本は、私の気持ちを代弁しているようで、この絵本を読むことで娘には私の気持ちが伝わるような気がします。

また、台風が近づいてくる時の、なにか普通ではない雰囲気がよく描かれていますし、ファンタジーもうまく盛り込まれていてなかなかおもしろい絵本だと思います。
(ほなほなちゃんさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

梅田 佳子さんのその他の作品

おじいちゃん / タイヨオ / くるくるさんぽ / てんてんおやすみ / 新装版 この ゆび とーまれ / あめあめあれれ

うめだゆみさんのその他の作品

青い空がつながった / 紙芝居 こっぷくんと すぷーんぼうや / トライフル・トライアングル / 空はつながっている / プレゼント プレゼント / トイレさくせん



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

だいじなものは?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット