もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
空色のゆりいす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

空色のゆりいす

  • 絵本
作: 安房 直子
絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2020年01月15日
ISBN: 9784323048048

小学校低学年から
判型(サイズ): 31.0×22.9cm/ページ数:32ページ

出版社からの紹介

大人も子どもも“名作を読もう” 安房直子+いもとようこ
不思議な風の子と、目の見えない女の子をつなぐのは、本当の空からもらった青、真っ赤な紅ばらからもらった赤、海の歌……。あざやかな色と音が奏でる美しい物語。

目の見えない娘にひとつ色を教えられるなら空の色を教えたい、そう思ったいす作りの父が青い絵の具を探していると、空の絵を描いている不思議な男の子に出会う。男の子は空にかかった虹から青い絵の具を取っていく。

ベストレビュー

見えない目に映る空色

安房直子さんのなんとも幻想的な世界です。
盲目で生まれてきた少女のために、作ったゆりいすを空色に塗ろうと思った父親。
空色の絵の具を差し出した少年。
風の子だという少年が、少女のために差し出すものに、なんとも言えない思いやりを感じます。
少女と少年の成長と、二人の結婚に現実感はないのですが、不思議な物語の中に、見えないからこそ見える心の色があるように思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

さんしょっ子 / もぐらのほったふかい井戸 / ねこの結婚式 / だれも知らない時間 / ゆきのひのだんまりうさぎ / だんまりうさぎとおほしさま

いもと ようこさんのその他の作品

折紙あそび / ばあやのお話 / おばあちゃんもこどもです / つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 工藤直子詩集 てれるぜ / つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ まど・みちお詩集 ぞうさん / つたえたい美しい日本の詩(こころ)シリーズ 金子みすゞ詩集 こころ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

空色のゆりいす

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット