話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくのとうさん わたしのおかあちゃん

ぼくのとうさん わたしのおかあちゃん

  • 児童書
著: さくら 文葉
出版社: フロネーシス桜蔭社(発売:メディアパル)

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年10月19日
ISBN: 9784802131988

小学中学年
220mm×160mm 72ページ

出版社からの紹介

『ぼくのとうさん』『わたしのおかあちゃん』は、それぞれ独立した作品です。
両作品とも、親のしごとをモチーフに、実際の子どもの詩に着想を得て、物語にしました。
「ぼくのとうさん」のしごとは、市の清掃車でのしごとです。
暑かったり、くさかったり、ときには残飯の水しぶきを浴びたりすることもあって、決して容易なものではありません。
そんなとうさんのしごとをバカにされた主人公(3年生)のこころの葛藤、またバカにしてしまった友人のこころの痛みと成長を「はたらくこと」の意義と尊さをとおして描きます。
「わたしのおかあちゃん」は、居酒屋で働きながら二人の子どもを育てています。
明るく元気なおかあちゃんですが、主人公(4年生)の女の子は、母親の働くことの苦労も理解しています。
ある日、平穏な三人の生活のなかに、居酒屋の店長さんが登場します。
他人を受け入れることへの不安と苛立ち、故人である父親への想いを家族の絆、社会とのつながり、将来への希望をとおして描きます。
ささやかだけど、お互いを思いやる日常のひとこまを描いた二つの作品は、わらいとなみだのなかに、「とうさん」と「おかあちゃん」への限りないエールであふれています。
同時に、「はたらくこと」や「しごと」を意識することで、「未来の自分」や「社会の一員としての自分」、
また人々とのつながりについて、考えるきっかけにもなると思います。

*2021年 第54回夏休みの本(緑陰図書)小学校中学年の部 選定作品

*社名のフロネーシスとは、古代ギリシアの哲学者、アリストテレスのことばで、
毎日の生活のなかで、善悪を分別し、状況に応じた適切な判断ができる実践的な知恵のことです。

ベストレビュー

親子で考えてみよう。

「職業選択の自由ーー♪」とういCMが私が子供の頃流れていまして、子供心に口ずさんだりしていたのを今でも覚えています。
職業に差別はなく、どれも大切な仕事なのですよね。
でも実際には、優越を感じる方もいるのも事実な気もします。
働くことの意義、さまざまな職業があってこそ社会がまわっていること、親子で考えていきたいですね。
子供目線で考えることのできる良本に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さくら 文葉さんのその他の作品

王さまのスプーンになったおたまじゃくし


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ぼくのとうさん わたしのおかあちゃん

谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 堀内花子さん 紅子さん

ぼくのとうさん わたしのおかあちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット