新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
小さな里山をつくる チョウたちの庭

小さな里山をつくる チョウたちの庭

  • 絵本
作: 今森 光彦
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,640

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年05月27日
ISBN: 9784752009771

小学校高学年から
88ページ 29×21cm

みどころ

自然が自然の、あるがまま──それでは見れない、景色があります。人の営みと、自然の営みとが、互いをおぎない、助けあう。「里山」とは、そういう自然の姿です。

幼少期にあった里山を再生したい。

そんな夢を抱き、長い年月をかけて理想を実現した、著者の今森光彦さん。今森さんは、自然と人との関わりを写真におさめつづけてきた写真家で、切り絵作家としても活躍されています。夢の実現のため、そして、失われつつある生きものたちのすみかをなんとか取り戻したいと考えた今森さんは、チョウのための庭をつくることを決めます。

「チョウは、環境の豊かさをはかるのに、もってこいの生きものだからです。(中略)何種類ものチョウがすんでいるということは、それだけ多様な植物が生えていて、環境が多様であるということになります」

そんな「チョウの庭」のお手本が、「里山」!

「自然と人の営みが、どちらもこわれることなく共存している、里山の農業環境に学びたいと思ったのです」

比叡山のふもとにある、何十年も放置されていた土地を買い取った今森さん。本書では、四季の移ろいと共に変化する「チョウの庭」の風景を中心に、小さな里山作りと、そこを訪れる種々のチョウや花々について解説していきます。

春にはスミレやノアザミが咲き、夏にはボタンクサギがの甘い香りが、チョウたちを夢中にさせます。季節ごとに色を変えるのは花々だけでなくチョウも同じで、四季折々の色合いが、小さな里山を飾ります。

そんな美しい風景も、今森さんの情熱あってこそのもの。荒地に井戸を掘り、草刈りをおこない、ヒノキを伐採し、そうして整えた土地に、何年も先を見越した計画的な植樹をおこないました。

作りあげた里山の風景を手入れするのも、大変。木々の枝葉を整える枝打ちは、木によって頻度がちがいます。そうして明るい環境をつくることで、スミレの花はのびのびと育ちます。一方ノアザミが好むのは、昔ながらの田んぼづくりがおこなわれている場所で、そのためには草刈りが必須です。

みどころはもちろん、小さな里山の風景と、チョウをとらえた写真の数々! ひとつの環境に、こんなにも様々な色、形、生態のチョウがいることに驚かされました。なんとその数75種類! それが57メートル四方の土地の中に、見ることができるのです。

人の暮らしがあり、それを支える農家の人の仕事があり、その仕事によって形作られた環境でこそのびのびと生きられる、たくさんの命がある。そのことの奇跡が、つよく胸を打つ一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

75種のチョウたちが暮らす庭がどのように作られていったかを、約300点の美しい写真で楽しく紹介。読んでいくうちに、人間、植物、生き物が、全て関わりあって生きていることが自然にわかってきます。今森光彦、30年の集大成!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今森 光彦さんのその他の作品

クヌギがいる / 丘のうえのいっぽんの木に / まんまるだあれ / さとやまさん / 0,1,2歳ママバッグえほん だっこっこ / 3さいからのあそべるずかん むし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > 小さな里山をつくる チョウたちの庭

谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 編集・紀本直美さん

小さな里山をつくる チョウたちの庭

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット