ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
おもちゃびょういん

おもちゃびょういん

  • 絵本
作: 木島 誠悟
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年09月03日
ISBN: 9784592762942

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

持ち主のモモちゃんが遠くへ行ってしまってから、長い間ひとりぼっちだったくまのぬいぐるみ「ぷく」。ある日、大人になって故郷に戻ってきたモモちゃんが、ぷくを段ボールの中から取り上げてくれました。老夫婦が営む「おもちゃびょういん」で修繕されることになったのです。老夫婦にていねいに扱われながら、ぷくはモモちゃんとの思い出を語り出します。

このおはなしの作者は、北海道釧路を拠点に、アートディレクターとして長年活動してきた木島誠悟さん。釧路市動物園にキリンを贈る運動をする市民団体の活動を描いた『キリンがくる日』や、釧路市動物園の人気者のシロクマ「ミルク」をモデルにした『シロクマゆうびんきょく』など、これまで、動物をテーマにした絵本を数多く描いてきました。今回はこわれかけたぬいぐるみが主人公という、新境地ともいえる作品です。

母娘二代にわたって愛されることとなるぷく。ぬいぐるみへの愛情とともに、ぷくを取り巻く人たちの成長までも感じられ、温かな気持ちになります。小さな子だけでなく、かつてぬいぐるみが大好きだった大人の方にも、ぜひ読んでいただきたいおはなしです。大切な宝物やあの頃の気持ちを思い出させてくれるかもしれません。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ボクは ぬいぐるみの「ぷく」。
ずっと いっしょだったモモちゃんが
おとなになって とおくに行ってしまってから
ながいあいだ ひとりぼっちだったけど
ある日 へやのカーテンがあけられ
あたたかい手が ボクをとりあげてくれて―――
ぬいぐるみを愛する すべてのひとに贈る
やさしさあふれる おはなしです。

クマのぬいぐるみ「ぷく」のモデルは
hippie cocoさん作のテディベアです。

2021年9月3日発売

おもちゃびょういん

おもちゃびょういん

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

おもちゃびょういん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット