宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
日本みんわ絵本のシリーズ かもとりごんべえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本みんわ絵本のシリーズ かもとりごんべえ

作: 斎藤君子
絵: 遠藤 てるよ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年11月
ISBN: 9784593562213

サイズ:23.6×24.6/ページ数:32ページ

出版社からの紹介

かもとりごんべえさんは、かもを一羽一羽とるのがめんどうになり、一本の麻糸にじゅずつなぎにして百羽を一度にとろうとした。麻糸にかかったかもはいっせいに大空に舞い上がり、ごんべえさんは……。

ベストレビュー

改めて読んでびっくり

『かもとりごんべえ』のお話は小さい頃大好きだったはずなんだけど
ごんべえさんが大量のカモとともに飛んでいくシーンしか今となっては思い浮かばず子どもと読んで改めてビックリしました。
カモを紐でくくったのはこんな仕組みだったんだ!とか
最後のオチはこんなことだったんだ・・・と判ってなんだかスッキリしました。
子どもの中にもたくさんのカモたちと空を飛んでいるごんべえさんを羨ましく思う気持ちがあるみたいでワクワクしていたようです。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斎藤君子さんのその他の作品

太陽と月とカラス / ねずみの王女

遠藤 てるよさんのその他の作品

ごんぎつね / かくれんぼてぶくろ / 紙芝居 つきよとめがね / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(4) 古田足日子どもの本 / あまんきみこ童話集(5) / さんまいのおふだ 改訂版



『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』シゲタサヤカさんインタビュー

日本みんわ絵本のシリーズ かもとりごんべえ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット