キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ぴょーん爺さんの公開ページ

ぴょーん爺さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・愛知県

ぴょーん爺さんの声

11340件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 黒爪で緑色の怪獣の足が戻っていないのが気になりました?  投稿日:2018/10/19
やだやだパパやだ!
やだやだパパやだ! 文: 天野 慶
絵: はまの ゆか

出版社: ほるぷ出版
パパは、自分の趣味を大切にしてゴロゴロと寝転んでテレビばっかり見てなかなか娘とは、遊んでくれないパパだから、この絵本はパパに読んでもらう必要があるなあ(?)と思いました。孫たちのパパはと言うと毎日育メンに忙しいので当てはまりませんので感謝です!怪獣になって遊ぶパパですが、気になったのが怪獣から元のパパになっても、黒爪で緑色の怪獣の足が戻ってないのが気になりました?やっぱり、本当は、パパ大好きなんだよね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お菓子、お菓子といつも言ってます♪  投稿日:2018/10/19
タイニイ・トゥインクルとおかしの島
タイニイ・トゥインクルとおかしの島 作: なぎ・ともこ
絵: 伊藤 正道

出版社: BL出版
ビスケットで顔が出来ているので、”これ借りよ”と、図書館から借りてきました(笑)明日は、2歳になる孫のお誕生日なので、いつも「お菓子、お菓子」と言っている孫にも、タイ二イ・トゥインクルみたいに、おかしの島の王さまより招待状が届くといいなあと夢見る私でした。「ビスケットの勲章。おかしの島の友達になったしるしもいいですが、お菓子をいっぱい食べたいですね(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユラぼうや  投稿日:2018/10/19
四角いクラゲの子
四角いクラゲの子 作: 今江 祥智
絵: 石井 聖岳

出版社: 文研出版
お碗のように丸い帽子の代わりに、ユラぼうやは、四角、まっ四角で、みんなとは違うので、どうなるのか気になりました。クラゲからは仲間外れにされて、意地悪されてあぶくのように消えたいとまで思って皆とは違うのがそんなに悪いのかが気になりました。お月様に毎晩お祈りして銀色の美しい見事なクラゲになって黙って仲間の列に入って行けてよかったなあとは思いましたが、みんなとは違う個性があっても良いと思っている私は、複雑な気持ちが残りました。夢の中で、丸い白い花が、ぽかり、ぽかりといくつも開く絵が明るくて優しくて綺麗なのが、とても気に入りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ”くすっ”と、笑えました♪  投稿日:2018/10/19
かまきりさまのおとおり
かまきりさまのおとおり 作: 小春 久一郎
絵: 村上 康成

出版社: ひかりのくに
”俺様は、かまきりだ!”と、自分より強いものはいないと威張りんぼうのかまきり様の一日を描いています(笑)確かに、かまきりに出会うとちょっと避けたいなあと思う私です(笑)村上康成さんのちょっぴり可愛らしい(?)かまきりが、愛嬌があっていいなあと思いました。なんだか読み終わって”くすっ”と、笑えました♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉遊びの絵本  投稿日:2018/10/17
きっときってかってきて
きっときってかってきて 作: ことばあそびの会
絵: 金川 禎子

出版社: さ・え・ら書房
言葉遊びの絵本ですが、平仮名ばかりで、ちょっとわかりづらいですが、はり絵の絵が色彩豊かで綺麗です。何度も読んでいるとコツがわかって、早口言葉でも言えるようなのもあって夢中になって声に出して読めるようになりました。自信がつくと自然に声も大きくなりました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい テディ・ベアだけでピクニック  投稿日:2018/10/17
テディの ちいさなぼうけん1 テディとないしょのピクニック
テディの ちいさなぼうけん1 テディとないしょのピクニック 作・絵: イアン・ベック
訳: こはまはるか

出版社: 文溪堂
おかあさんと、リリーでピクニックに出かけ、丘を登ったところで凧揚げをします。テディも、勿論お供したのですが、テディは、ぽつんとバスケットの見張り番です。でも、テディにもとても素敵な仲間とのテディ・ベアだけのピクニックに参加できました♪リリーが帰る前に元いた場所に帰れたのでよかったなあと思いました。テディ・ベアのピクニック、ゼリーや蜂蜜パン、レモネードも飲み放題で、仲間とのピクニックがよかったなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 後悔してないのがよかったです・・・・・・  投稿日:2018/10/17
こぐまと二ひきのまもの
こぐまと二ひきのまもの 作・絵: 西川 おさむ
出版社: 童心社
二匹の若い魔物、ベロンとゴッシは、立派な魔物になるために、旅に出ました。立派な魔物になる志しはあるのですが、ひょうきんで愛嬌があってなにより優しい気持ちがあるので、殺すつもりはなくてもあかちゃんのおとうさんを殺してしまった時には、赤ん坊が哀れでならないと思ってしまいます。抱いていた赤ちゃんに熊狩りをしている人間の撃った弾があたってしまいました。母親熊を殺された小熊を育て、「こいつ随分逞しくなっただろ。きっと熊たちの頭になるぞ」と自慢に思うのは、育ての親みたいだなあとおもいました。ベロンとゴッシは壊れて塵になり闇の中へ飛んで行ってしまいましたが、二匹が後悔してなかったのがよかったです。小熊が少し大きくなったのが、よかったなあと思ったし、二匹は、優しいから魔物として生きるのは可愛そうだと思うので、これでよかったんだと思うことにしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カーテンのない自然な景色が素敵♪  投稿日:2018/10/17
紙芝居 くまさんの あたらしいカーテン
紙芝居 くまさんの あたらしいカーテン 作・画: 末崎 茂樹
出版社: 教育画劇
くまさんは、ついつい広告につられて、きつねさんのカーテンやからもう1組サービスしてもらって、合計4組のカーテンを1組のお値段で買ったのだから、いいなあと羨ましかったです。うさぎのカーテンからは、「ピョン ピョン ピョン」と部屋の中は、うさぎたちでいっぱいになるし。さかなのカーテンは、さかなたちが、「ゆらゆら
すいー すいー 」と、楽しそうに泳いでいるし。飛行機のカーテンは、「ブーン ブーン ブーン」と飛行機まで、出てくるし。森のカーテンは、「バタ バタ バタ チチチチ チー」と鳥たちに起こされるし。きつねのカーテンやさんが、怪しいなあと思いました(笑)
結局、今まで通りカーテンのない夜空いっぱいの星が優しく輝いている自然な景色で、ぐっすり眠れるくまさんでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 十二支をだじゃれで紹介する絵本  投稿日:2018/10/17
だじゃれ十二支
だじゃれ十二支 文: 中川 ひろたか
絵: 藤本 ともひこ

出版社: 世界文化社
表紙の明るい絵に惹かれて図書館から借りてきました。十二支がとても色彩鮮やかにデザイン画的に描かれています。ねずみさんのぼうやのママの「チュー」から始まります。うしさんは、尻尾を動かして「モー」。ずっとだじゃれが続いて面白いです。楽しみながら十二支が覚えられるのがいいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 探すのに必死でした(笑)  投稿日:2018/10/17
どこにいるかわかる? −アジア・太平洋の子どもたちのたのしい一日−
どこにいるかわかる? −アジア・太平洋の子どもたちのたのしい一日− 訳: 松岡 享子
編: ユネスコ・アジア文化センター

出版社: こぐま社
イラン・パキスタン・インド・スリランカ・バングラデシュ・ネパール・ミャンマー・タイ・ラオス・ベトナム・マレーシア・インドネシア・オーストライア・パプア’ニューギニア・ニュージーランド・日本・韓国・中国・モンゴルの20人の画家の絵が楽しめます。日本は、松岡享子原作で絵は、西村繁男です。お祭りや行事・イベントの絵から主人公を探すのが楽しいのですが、とりあえず私は必死で探しました(笑)その後にのんびりとその国々の絵に魅入って楽しむことが出来ました。
参考になりました。 0人

11340件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット