宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぴょーん爺さんの公開ページ

ぴょーん爺さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・愛知県

ぴょーん爺さんの声

12052件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ゆきやけ  投稿日:2019/03/20
おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする
おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする 文: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
ペネロペが雪遊びをするおはなし絵本です。しかけえほんでないのがちょっとさみしい気もしないではないですが、本音は、物足りないかなあと思いました。ゴーグルの後がくっきりついた顔は、なかなか元には戻らなくてこまったなあと思い出しながら笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ボタンの優しさに触れました  投稿日:2019/03/20
ググさんとあかいボタン
ググさんとあかいボタン 作: キム ミンジ
出版社: 絵本塾出版
もぐらのググさんのボタンを大事にする気持ちが素敵でした。ボタンがなくなって他のボタンで代用すると着る気持ちがなくなってしまうことがあるなあとおもいました。赤いボタンが、忘れられたボタンたちに協力してもらってググさんの元に無事に帰れた時には、ほっとしました。赤いボタンが、ググさんの元に帰りたいと思う気持ちが強かったし、仲間の協力があってよかったです。忘れられたボタンも再びググさんによみがえらせてもらってよかったです。
物を大切にしたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ラストに癒されました  投稿日:2019/03/19
ほら なにもかも おちてくる
ほら なにもかも おちてくる 文: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: まさき るりこ

出版社: 瑞雲舎
タイトル通り、なにもかもおちてくるものばかりを描いてありました。「おちてくる」というのがちょっとというのもありますが、とても絵がマッチしていました。ラストには、おとうさんの愛情がたっぷり感じられて癒されました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はらぺこ ぴょんがぶりん  投稿日:2019/03/19
ウサギのすあなにいるのはだあれ?
ウサギのすあなにいるのはだあれ? 文: ジュリア・ドナルドソン
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: とたにようこ

出版社: 徳間書店
ウサギが留守をしている間に、かえるの子供が巣穴に入って出てきません。「はらぺこぴょんがぶりん」と言って驚かすものだから、助けるネコ・クマ・ゾウまでが怖がってしまいます。でも、かえるのおかあさんだけは、やっぱりわが子だとわかって「はらぺこぴょんがぶりんのおやつのじかん」と言ってぼうやと去っていきました。みんな大笑いですが、耳をちょきんと切るとか、ネコの尻尾をプチンと抜くとか、クマの前足をぱくんとかみつくとか、でっかいゾウも大好物と聞くと怖がるものだなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当は、いろたくさんのいろなしくん  投稿日:2019/03/19
いろなしくん
いろなしくん 作・絵: こもり まこと
出版社: PHP研究所
いろなしくんだとぼやいていたいろなしくんですが、色の研究をしているおじさんに、研究用の色をつける装置で色のついたいろなしくんをみていることにしました。最初は、赤から始まって・次は空のような青色に雲を描いて・次はめだつ黄色・次はみどりいろ・と試みましたが、全部の色を混ぜたら、元の色になりました。いろなしくんの色がしろいろとくろいいろだけが混ざった灰色では、なくて、赤・青・黄色・黒・白、全部の色が混ざって出来た灰色だとわかると、いろなしくんは、「ボクは、いろなしではなくて、色が沢山入った灰色なんだね!」と、自分のルーツがわかって大満足のいろなしくんのお話でした。私は、灰色が一番似合っているし、でも自分から気がついて大好きになってよかったです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生き生きしたにゃーこ  投稿日:2019/03/19
はたけのにゃーこ
はたけのにゃーこ 作: 織茂 恭子
出版社: 童心社
ねこの苦手な私ですが、表紙のにゃーこがあまりにもかわいかったので図書館から借りてきました。にゃーこは野良猫だけど、いつも畑で生き生きと楽しく遊んでいる。にゃーこは、野良猫。畑のこねこ。にゃーこの匂いは、土の匂い。木の匂い。草の匂い。花に匂い。にゃーこに、畑のおじさんが、いつも自分のおにぎりをわけてくれるので、なんだか、ほっとしました。絵もちぎりえのようでとても素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリーズ  投稿日:2019/03/18
おとのさま、ほいくしさんになる
おとのさま、ほいくしさんになる 作: 中川 ひろたか
絵: 田中 六大

出版社: 佼成出版社
おとのさまには、いつも温かく見守っていれるじいやがいるから、何事にも安心して甘えられていられるからいいなあと思います。
保育園の保育士さんになりたいおとのさまは、一日だけの保育士さんになります。子供の面倒なんてとても「無理 無理」と思っていた私ですが、子供の気持ちも持ち合わせているお殿様には、子どもたちに好かれるんだなあと感心して読みました。田中六大さんの描くおとのさまが大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんぐり村の歳時記  投稿日:2019/03/18
どんぐりむらのいちねんかん
どんぐりむらのいちねんかん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
どんぐりえんに通っていた”ふう”と”こーた”のどんぐり園を卒園したんですね。孫も25日に保育園を卒園するのでちょっと感情移入してしまいました。一年って過ぎ去ってみると、あっという間なので、どんぐり村の人々のように、楽しく過ごして生きたいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色彩が綺麗  投稿日:2019/03/18
カラフル
カラフル 作: 新井 洋行
出版社: 岩崎書店
タイトルとおり、カラフルな色彩が綺麗です。あかちゃんには、顔

のついた明るいカラフルな色彩に釘付けになると思いました。

2歳4ヶ月の孫には、色に名前が覚えられていいなあと思いまし

た。あかちゃんが生まれたら、おにいちゃんぶって、色をおしえて

光景が目に浮かんできます。擬音語あかちゃんには、嬉しい絵本

です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長く遊べます  投稿日:2019/03/18
どんぐりむらのあそびやさん
どんぐりむらのあそびやさん 作: なかや みわ
出版社: 学研
どんぐりむらの可愛いどんぐりたちと、クイズ・間違い探し・迷路と小さい子から小学校高学年になってお長く遊べそうです。雨が降ったり、時間がかかる病院への移動や、待ち時間などに重宝しています。キャラクターの絵が可愛いのでにこやかになれます。
参考になりました。 0人

12052件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット