新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
こうえんのかみさま

こうえんのかみさま

  • 絵本
作・絵: すぎはら ともこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784198627881

出版社のおすすめ年齢:5歳〜
27cm・32ページ

みどころ

「こうえんさま」ってどんな人?普段何をしているの?
どうやら子ども達が毎日楽しく公園で遊べるのは「こうえんさま」がいるお陰らしいのですが・・・。
この絵本では、大好きなけんちゃんと一緒に遊びたくって、ひとり公園で虫捕りの練習をするまあちゃんが「こうえんさま」と出会うちょっぴり不思議な物語です。
まあちゃんはどこの公園でも見かけそうなやんちゃな女の子。そのくるくるとよく変わる動きや表情、見ているだけで楽しくなってくる様なこんな子いるいる。そんなほのぼの気分になれるのも、この絵本の大きな魅力ですが、何といっても2人の出会いの場面が可笑しいのです。
「え、こうえんさまってこんな姿をしているの?」(これは絵本を読んでいる人の感想)
そんな事を聞いたら、子どもだけでなく、大人だってその存在がますます気になってしまうでしょうね。
読んだ後には、何だか自分も子どもの頃に出会った事のあるような、懐かしい気分にさせられるのもまた不思議。
親子で楽しめる、爽やかな一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

こうえんのかみさま

出版社からの紹介

まあは、丘の上の公園に、虫とりに行きましたが、なかなかうまくいきません。やっと大きなトンボを捕まえた! とよろこんで、よーく見てみると、虫かごのなかにいたのは・・・? やんちゃな女の子と、泣き虫の小さな神さまの交流を生き生きと描いた、ほのぼのとした絵本。

★すぎはらともこさんがメッセージを描いてくださいました!

こうえんのかみさま

ベストレビュー

会ってみたいな〜

このお話は、男の子たちのグループの仲間に入れてほしい女のおこのまあちゃんが仲間に入れてもらうために虫取りをしていたら、公園の神様「こうえんさま」を捕まえたお話でした。こうえんさまは公園の秩序を守り、虫たちを意のままに操れます。うちの子はそれを見て「僕もこうえんさまに会ってみたいな〜!」って言って羨ましがっていました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,540円
1,915円
1,430円
935円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
2,750円
715円
1,980円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

こうえんのかみさま

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら