ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
紙芝居 むしさんのおさんぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 むしさんのおさんぽ

作: 得田 之久
絵: ペドロ 山下
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 むしさんのおさんぽ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784494090167

3歳〜
B4判・26.5×38.2cm・8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

てんとうむしさんがプルプルプルッて飛んできて、
とまったのは、大きなせなかのかぶとむしさん。いろんな虫がでてきて楽しい。

ベストレビュー

のっしのっしと、楽しいさんぽ。

てんとうむしさんが、
プルルルッ
と、そらの おさんぽ。
「ここで、ちょっと ひとやすみ。」
と言って、とまったところは・・・?

こどもは、絵本も好きだけれど、紙芝居も大好きですよね。
絵本と違って、ちょっと演じるコツが要りますが、
大抵は、『演出ノート』があって、誰でも簡単に読むことが出来るのが、
紙芝居のいいところだと思います。

さて、この「むしさんのおさんぽ」には、いろいろな虫が出てきます。
また、虫たちがとんだりはねたりする時の音が、楽しい。

ヒラ ヒラ ヒラ
とやってきたのは?

ピョピョピョピョーン
とやってきたのは?

子どもたちは、誰が来たのかドキドキします。
そして、みんなで楽しいお散歩。

次に誰が来たのか、当てっこするのもいいですね。

小さい子たちのおはなし会など、2歳頃から、楽しめると思います。
(多夢さん 50代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


得田 之久さんのその他の作品

ぱんだがころんで… / きょう、おともだちができたの / くいしんぼうの こぶたの グーグー / だれといっしょにいこうかな? / 紙芝居 なんではしってるの? / ばななせんせいとおえかき



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

紙芝居 むしさんのおさんぽ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット