まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
はなこ 八月七日にひろったこねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はなこ 八月七日にひろったこねこ

  • 絵本
作: なりゆき わかこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はなこ 八月七日にひろったこねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784591108321

小学校低学年〜
サイズ :20.5cm x 15.5cm ページ数 :80ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

今週のベストセラー第15位八月七日にひろったこねこに、わたしは「はなこ」となまえをつけた。はなこはわたしのかわいい「いもうと」になった。悲しいできごとをのりこえた女の子のお話。

ベストレビュー

ストレートに心に響く感動作品

飼い主(女の子)と子猫のどこにでもありそうな日常、そして誰にでも起こりえそうな失敗と後悔。生命や友情の大切さがわかりやすく描かれていて、ストレートに心に響きます。悲しい場面もありましたが、その出来事を経て女の子が悲しみを乗り越える過程が感動的でした。

挿絵がとても可愛いということもあり、5歳の娘にはこねこのかわいいところばかり目に映るようで、少し早かったかなと感じています。
親の私はストーリーを、娘は絵を、と気に入った観点は違いますが、
親子でお気に入りの1冊になっています。娘も小学校に入るころには、ストーリーの良さも理解できるようになるのではないかと思いますし、長く楽しめる本だと思います。
(みいここさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なりゆき わかこさんのその他の作品

角川つばさ文庫 さよならをのりこえた犬 ソフィー 盲導犬になった子犬の物語 / 天国に行った看板ねこなな / そうだ、おてがみかこう / つむぎがかぞくになった日 / こねこのモモちゃん美容室 / そっといちどだけ

さんのその他の作品

トム・ソーヤのぼうけん / 紙芝居 コッコさんとバースデーケーキ / サイテーなあいつ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > はなこ 八月七日にひろったこねこ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

はなこ 八月七日にひろったこねこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット