もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
魔の森レストラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔の森レストラン

著: 怪談レストラン編集委員会 松谷 みよ子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「魔の森レストラン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ようこそ、魔の森のレストランへ。「落人屋敷」「鬼婆のすむ森」「森の悪魔ロピケ」「きつねつり」など、山や森にまつわる話を集めた短編集。背筋がゾーッとするような楽しい話が満載の1冊。ハードカバー版。

ベストレビュー

「サトリ」はいいけど、「ヤマジョウロウ」はいや

怪談レストランも33巻目になり、少し趣が変わってきたような気がします。(続くというのは、それなりに人気があるわけですが、いろんなテーマのアイディアを出し続けていくというのは、苦労もあるかと思います)
今回は「魔の森」のレストラン。魔の森というので、鬼が住んでいたり、魔女が住んでいたり、いたずらもののきつねも話もありました。
でも、一番印象的だったのは「308年の昼寝」でした。
ちょっとうとうとしただけなのに、308年もたっていたなんて……。しかも気づいた瞬間に灰になってしまうなんて、ゾッとしました。
はなしが短いだけに簡潔で必要なことだけがバン!と、伝わってきました。
この巻は表現がやや大人向きかな〜と、思うような話もいくつかありましたが、これまでの「怪談レストラン」を呼んできてくれたお子さんが手にすれば、十分楽しめると思います。
中でもやはり私のおすすめは途中途中にある常光徹さんの怪談コラム。今回は「山奥の怪異と妖怪」というテーマで、これもなかなか面白かったです。「サトリ」にはあってみたいけど、「ヤマジョウロウ」には会いたくないですね。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


怪談レストラン編集委員会さんのその他の作品

図書館版怪談レストラン(全10巻) / 図書館版怪談レストランナビ[図書館版](全3巻) / 怪談レストランナビ 妖 / 怪談レストランナビ 霊 [図書館版] / 怪談レストランナビ 魔 [図書館版] / 怪談レストランナビ 妖 [図書館版]

松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉 / まえがみたろう〈後編〉 / さるとかに



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

魔の森レストラン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット