新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
福音館文庫  第八森の子どもたち

福音館文庫 第八森の子どもたち

  • 児童書
作: エルス・ペルフロム
訳: 野坂 悦子
画: ペーター・ファン・ストラーテン
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥750 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年05月
ISBN: 9784834022780

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

第二次大戦末期のオランダ。ドイツ軍に町を追われた十一歳の少女ノーチェは父親とともに、人里離れた農家にたどり着く。はじめて体験する農家での暮らしに喜びを見いだすノーチェだったが、その平穏な日常を戦争の影が静かに覆っていく。農家のおかみさん、その息子エバート、脱走兵、森に隠れるユダヤ人一家。戦争の冬を懸命に生きる人々の喜びや悲しみが、少女の目を通して細やかにつづられる。オランダの「金の石筆賞」を受賞。

福音館文庫  第八森の子どもたち

ベストレビュー

こんな風に生きられるのか?

『アウシュヴィッツの図書係』を読んだ時に思った。11冊の本を守るために死を覚悟しながら生きられるのか?と。

『第八森の子どもたち』を読んで思ったのは、ヤンナおばさんのように生きられるのか?ということ。

戦争で住む場所のなくした家族を受け入れ、病気の反戦思想を持つ若者を匿い、森で暮らすユダヤ人の家族へ物資を運ぶ。

戦時中であり、ドイツ兵が滞在する時も淡々と毎日の生活を守る。気負いもなく普通のこととして。

戦時中、記録や歴史に名を残さない人達の中にこうした人たちは少なからずいたのだろう。

こうした名もない人たちの善意を目の当たりにした時に、「人生ってすてたものではない」「人っていいなあ」と思うのだろう。

読み終わった時、心は静寂の中にあった。果たして自分はこんな風に生きられるのだろうか?
(はなびやさん 50代・ママ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルス・ペルフロムさんのその他の作品

小さなソフィーとのっぽのパタパタ

野坂 悦子さんのその他の作品

ぼくといっしょに / ねえさんの青いヒジャブ / おいで、アラスカ! / レナレナ / ばらいろのかさ / 映画ってどうやってつくるの?


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 外国文学小説 > 福音館文庫 第八森の子どもたち

1月の新刊&オススメ絵本情報

福音館文庫 第八森の子どもたち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット