名前をうばわれたなかまたち

名前をうばわれたなかまたち

著: ホセ・アントニオ・タシエス 横湯園子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784378041292

出版社からの紹介

世の中のよいことはみんな、他の人のため。ボクのためなんかじゃない。なぜなら、ボクには名前がないから…。ジャーナリストで画家でもある著者が、スペインの学校を舞台に描いた「いじめ」をテーマにした絵本。

ベストレビュー

最後のシーンに救われました

表紙に描かれたのは顔のない少年。
名前も奪われた少年。
いじめを受けている心理でしょうか。
見ていてつらくなる絵本です。
勉強ができるから無視され、口答えをしないから無視され…。
で、ガールフレンドができたら邪魔され、シャワーを浴びていたら服を放り投げられ…。
ゲームのようないじめ。
時折顔を出すのに、またリンゴになってしまう。
自分は「リンゴ」だと思ったのでしょうか?
鏡に映った姿が「ナシ」に見えたとき、耐えていた自分の日常が壊れてしまいました。
アパートの階段を最上階まで昇って行った少年。
最上階のシーンはまさに飛び降り自殺!!
最後のシーンで少年は少年に戻りました。
自分は鳥ではないことを思い出したのです。
作者のタシエスは読者に感謝して終わります。
そして読者からの言葉を期待しています。
「あなたの本当の名前は?」
少年は自分の名前を返してほしいのです。

これは、絵本です。
これは、物語です。
自分が身近にこのような少年がいたら、タシエスが期待している読者になれるでしょうか?
大人向けかもしれないけれど、この少年の痛みを伝えるのは大人の役割でしょう。
子どもたちに伝われば良いと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > 名前をうばわれたなかまたち

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

名前をうばわれたなかまたち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット